音楽にも映画にも使いたい! おすすめホームシアタースピーカーセット5選

拡大画像を見る

 映画やテレビ番組をより楽しむためには、テレビやプロジェクターなどの映像機器が重要とされる。優れた映像作品は音にもこだわっており、スピーカーにもこだわるとそれらをより一層楽しめる。また、良いスピーカーを使えば映画やテレビ番組だけでなく音楽も迫力を増す。本稿では、ホームシアター用スピーカーセットの選び方について確認してみよう。

●リアスピーカーはあったほうが良い


 映画を見るときに臨場感を味わえる要素としてサラウンド技術がある。最近は技術の発達によりフロントスピーカーだけで後ろから音声が聞こえるバーチャルサラウンド機能もあるが、やはり実際にリアスピーカーがあったほうが臨場感は高い。
 しかしながら、リアスピーカーの設置には場所を取るため、オプションで後からリアスピーカーを追加できる製品もおすすめだ。まずはフロントスピーカーだけで試してみて、不満が出たらリアスピーカーを追加購入するといいだろう。

●アクション映画が好きならサブウーファーが欲しい


 ホームシアター用スピーカーのなかには、薄型化を重視するために、低音の迫力が足りないと感じるものもある。特にアクション映画やゲームが好きなら腹に響くような低音がほしいところ。
 そのためにはサブウーファーがついたものを選ぶようにしよう。サブウーファーは低音専用のスピーカーであり、メインのスピーカーでは不足しがちな低音を補ってくれる。これも後から追加できる製品があるので、後から導入を検討するのも良い。

●ワイヤレス接続スピーカーなら部屋がすっきり


 スピーカーを設置する際にとかく困るのがケーブルの配線。リアスピーカーやサブウーファーにスピーカーケーブルを接続しようとすると、部屋のなかをケーブルがはい回り、ごちゃごちゃとした部屋になってしまう。
 ワイヤレス接続スピーカーなら音声をワイヤレスで伝送するため、スピーカーケーブルが不要。設置もかんたんだ。ただし、電源ケーブルだけは必要なことがあるので、設置場所には注意しよう。

●ホームシアター用スピーカーセットおすすめ5選


 ここからは具体的なおすすめホームシアター用スピーカーセット5選を紹介する。

●ソニー HT-A9


 HT-A9はソニーが2021年8月に発売したホームシアターシステム。コントロールボックスと4台のスピーカーで構成され、ワイヤレスで接続ができることから、設置の自由度が高い。
 特徴は4台のスピーカーで360度から音に包み込まれる立体音響技術である「360 Spatial Sound Mapping」に対応しているところ。ホームシアターだけでなく、この技術に対応した音楽もある。前後左右だけでなく、上からも音が聞こえる体験は、まさに次世代の音楽体験といえるだろう。

●ソニー HT-A7000


 HT-A7000はサウンドバータイプのホームシアター用スピーカー。1本のバーのなかに二つのサブウーファーが搭載されており、迫力のある低音を楽しめる。これ1本でもバーチャルサラウンド技術により没入感の高い映画の音声を楽しめるのだが、オプションでリアスピーカーやサブウーファーを追加することが可能。拡張性もあり、長く楽しめる1本といえるだろう。

●BOSE Smart Soundbar 300


 BOSE Smart Soundbar 300にはAmazonのAIアシスタントであるAlexaが搭載されている。話しかけるだけで本体の操作や、テレビなどの操作が可能だ。リビングの中心に置けば、色々と活用することができる。
 BOSE SimpleSyncテクノロジーにより、BOSEのワイヤレスヘッドホンに音声を飛ばし、ほかの人に迷惑をかけずにテレビの音声を聴くこともできる。リアスピーカーやサブウーファーの追加も可能だ。

●DENON Home Sound Bar 550


 オーディオメーカーのDENONが発売するHome Sound Bar 550は音にこだわった仕様が魅力。DENONのサウンドマスターがサウンドチューニングをおこなっており、原音の魅力をストレートに伝えるサウンドを実現しているという。映画だけでなく、音楽も高音質で楽しめる。
 横幅はわずか65cmとコンパクトなのも魅力的。狭い部屋でもすっきり設置できる。オプションのリアスピーカーがあるほか、マルチルームオーディオに対応しているところも面白い。

●Sonos Arc


 アメリカのオーディオメーカーであるSonosのホームシアター用スピーカーがSonos Arcだ。独自のチューニング技術であるTrueplayにより、各部屋の音響特性に合わせてサウンドを最適化するので、面倒な手動でのチューニングは不要。
 アカデミー賞受賞のサウンドエンジニアによって人の声がしっかりと強調されるように設計されており、映画などのセリフを聞き逃しにくいのもうれしい。オプションのリアスピーカーとサブウーファーはどちらもワイヤレス接続だ。

●お気に入りのホームシアター用スピーカーセットで秋の夜長を楽しく過ごそう


 秋の夜長には映画を見て過ごそうと思っている方もいることだろう。せっかく映画を見るならホームシアター用スピーカーを導入してみてはいかがだろうか。これまでに見たことのある作品であっても、新たな魅力が発見できるかもしれない。もちろん、ゆったりと音楽を聴くのにもおすすめだ。(ライター・ハウザー)

関連リンク

  • 10/20 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます