目標を設定するコツって?メリットや仕事・勉強・日々の生活で活用できる方法

拡大画像を見る

目標を設定するコツを知ろう!

単純に好きだからという理由で何かを漫然と続けていませんか?

また、周りの人が早いスピードでどんどん変わっていくのに対し、自分は取り残されているのでは?と思うようなときはぜひ、今の自分の生活を見直す手段をとりましょう。漫然と生活をしていることに気づいたら、目標に向かって自分が進むべきベクトルを決めてください。

この記事では、目標を設定する方法のメリットやコツを紹介します。「現状維持」に満足している人でも、今の状況から脱却するチャンスです。

目標を設定するコツで得られるメリット

目標を設定するコツで得られるメリット
出典:https://pixabay.com/

今のままでいいと思っている人でも、身近な人が出世したり大きな記録を出したりなどを目の当たりにすると、焦燥感に駆られてしまうことってありませんか。今の生活に甘んじていることに気づいたから、焦燥感に駆られているのです。

ここで大切なのは「今の自分から脱却するため」といった理由から、何らかの目標を設定する方法を見出すことがコツです。目標を設定することで何が得られるのか、そのメリットまで理解しなければ、その後の進展はありませんよ!

どんな自分になりたいかを設定できる

目標を設定するコツの実践によって、どんな自分になりたいかを未来像を設定する方法が見えてきます。例えば、仕事面なら「企画室で働きたいから主任昇進試験に合格する」というように、自分の将来像を達成するための目標を持てます。

今のままでいいと環境に甘んじていると、こういった思考は生まれません。だから競争に負けたというような敗北感や、今のままでいいのかといった焦燥感にかられます。ネガティブな気持ちが先行してしまうと、メリットを活かしきれずもがいたままになってしまうでしょう。

目標設定がモチベーションにつながる

一例ですが、「企画室で働きたい」という将来像を達成させるために「主任昇進試験に合格する」ことを目標に設定しました。設定した目標を達成させるためにプロジェクトを成功させる!というように具体的な行動や方法が出てくるようになるでしょう。

だんだん具体化してきたら自分を突き動かすモチベーションがあふれ出すので、コツをつかんだらまっすぐに突き進んでいくだけです。向上心が湧き出てきたら、自分の目標設定は成功です。達成するためにどんなことをすればいいのかをさらに掘り下げていきましょう。

目標を設定するコツ《仕事編》

目標を設定するコツ《仕事編》
出典:https://unsplash.com/

仕事面では、きょう1日、1か月、1年というように自分の仕事の成果が評価される時期があることでしょう。自分の仕事の成果もそうですが、職場での立ち位置が年齢的に気になり始める人もいるのではないでしょうか。

目標を設定するコツや方法が知りたいという場合は、まずは「○○日後になりたい自分」を洗い出していきましょう。向上心や野心があれば、今の状況から脱却したいと思っている部分もあることでしょう。なりたい自分像を足掛かりにして目標を設定していくことがコツです。

まずは目の前の達成したいことを目標に設定する

例として「売上100万円達成」というように大きな目標を設定することも一案ですが、目標達成のための計画や方法の熟考の段階で心が折れてしまうことが大半です。今まで目標を設定作業をしてこなかった人の多くは「目標を大きく掲げすぎた」ことに敗因があるはずです。

改善案としては、「売上30万円を3か月継続」というように目の前にある出来事を目標に設定するのがコツとなります。達成感が得られると、次へ向けた目標を設定しやすくなります。小さなことの目標設定が大きなコツです。

半年後、1年後の自分を目標に設定する

身近な目標と並行して、ちょっとだけ大きな目標を設定することもコツです。並行して設定すべきもう一つの目標は「○○日後の自分」のことです。仕事面では勤続期間に応じて昇進のチャンスがあります。

また国家試験の受験資格が得られたり、転職のための条件がそろうといったことも考えられます。「半年後の転職を成功させる」「国家資格を取得して、資格職へ転向する」といった目標設定があれば、向上心がある社員として評価が高まるでしょう。

目標を設定するコツ《勉強編》

目標を設定するコツ《勉強編》
出典:https://unsplash.com/

仕事面も勉強の面も「目標設定」に関する考え方は変わりません。しかし、なぜ勉強するのかが明確になっている状態ですので、あとは自分に合わせた方法で目標を設定させるのがコツです。例として「目の前の目標」と「〇日後の目標」を並行して設定してみてください。

目の前の目標が達成できれば、〇日後に達成したい目標に一歩近づいたと認識できます。目標の達成に確実に力を積み重ねていることがわかると、モチベーションの持続に拍車がかかりますし、ワンランクアップの目標設定へベクトルを修正できる方法も生まれます。

最終目標はきちんと設定しよう

まずは、なぜ勉強するのか?明確化されている人のほうが多いことでしょう。例えば「国家試験合格」「昇進試験合格」などもう大きな目標が設定されているはずです。しかし「そのうち合格できればいいな」というような漠然とした目標設定方法はNG!

コツは「1年後に合格する」「半年後の試験にチャレンジする」などタイムリミットを設定することです。この最終目標さえきちんと設定できれば、アプローチの仕方が決まっていきます。リミットがあれば、気持ちも引き締まります。

細かく具体的に目標を設定しよう

高校や大学など教育課程を修了した後で勉強している人には、何らかの目標があるはずです。目標達成のために目を向けると、勉強することのメリットが生まれます。目標設定のためのコツとしては「最終目標達成のために、自分はどんな方法をとるべきか」を掘り下げることを意識しましょう。

「目標達成のために足りないもの」がわかったら、あとは簡単です。「例題を解いて10点アップを狙う」「小論文を10本書きあげる」など具体的な目標を立てて、それを達成できるようにする方法もコツのひとつです。

最終目標は適宜見直していこう

勉強を行う過程で具体的に目標を設定するメリットとして得られるのは「設定した目標を達成し、さらに上のレベルへ到達できる可能性」が生まれることです。

合格レベルに達成できれば、「1年後じゃなく3か月後の試験にチャレンジ」というように少し自分を追い込める状態が作れるかもしれません。

レベルアップできれば、もともと決めていた目標達成時期には「上級試験を受験」というようにさらに高みを目指せる方法が選べます。向上心が持てるところも目標を設定することのコツですね。

目標を設定するコツ《日々の生活編》

目標を設定するコツ《日々の生活編》
出典:https://unsplash.com/

日々の生活の中にも何らかの目標を持つと張り合いがうまれます。あっという間に1週間が経過してしまった、この一週間自分は何をしてきたのかな?と振り返っても何もないことに気づいたら、日々の生活を改善することが大切です。

目標を設定して、少し気持ちを引き締めてみませんか。日々の目標設定の場合、生活の引き締めでも、楽しいことでもなんでも例題は構わないのです。自分がポジティブな気持ちを持てることを意識して目標を設定する方法を選ぶのが大きなコツとなります。

自分が楽しく毎日を送れるような方法を探そう

勉強面や仕事面で目標を設定している場合、日々の生活でも「目標」縛りを作ってしまったら、ゆとりがなくなってしまいます。生活面での目標の例として「起床後の5分間ノートを書いてみる」ことや、「仲間同士の定例の飲み会に休まず参加する」といったことを設定するのがコツです。

こんなの目標にもならないと思われるかもしれませんが、自分が自分らしく生きるための方法としては、こんな目標設定も必要ではないでしょうか。ルーティーン化できれば目標達成、次の例題を探せばいいのです。

小さなことをコツコツと続けよう

日々の生活の中で目標を達成するためのコツや、目標設定のコツを探したいという場合、毎日続けられる小さなことを当てはめてみてください。

例えば「小学生の算数ドリルを毎日1枚ずつ解く」、「1日15分だけ国家試験の対策例題に取り組む」というように、前向きになれることに取り組んでみましょう。

仕事や勉強の面で高みを目指していくのだから、ハードル設定は低いくらいがちょうどいいのです。仕事に振り回されない主婦層でも、日々の生活面での目標は短期間で達成できるものに設定するのが目標達成へのコツです。

目標達成できたら自分をほめよう

実は、目標達成の目安が分かりにくくモチベーションにつながりにくいのが、日々の生活において設定した目標です。算数ドリルを解き終えても何かが得られるというものではないですし、国家試験の対策例題に取り組んでも仕事面の目標設定の延長になってしまうからです。

自分の満足感を満たすだけならそれでもいいでしょう。しかし目標を定めたなら「算数ドリル1冊終えたら、カフェのケーキセットを食べる!」というようなご褒美を作って取り組むことがコツです。

目標を設定するコツまとめ

目標を設定することのメリットやコツをまとめました。例をいくつかあげましたが、自分に当てはまらないということもあるでしょう。

しかし、ベースはどんなシチュエーションでも同じだといえます。「クリアしやすい小さな目標」と「小さな目標をクリアしたことで目指せる大きな目標」の二本立てで掲げていきましょう。

大きな目標は、時折見直すことが大切。時間を活用することで、さらに大きな目標を掲げられます。例に挙げたコツを活かして自分の目標を叶えてくださいね。

関連リンク

  • 10/20 8:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます