温泉に抵抗を抱いていた外国人 その理由に「分かりやすい」

拡大画像を見る

日本文化の1つ、温泉。寒い時期になると、身体を温めに行きたくなりますよね。

イタリア生まれで、2021年現在は日本に住むマッシ(@massi3112)さんは、かつて温泉に抵抗感を抱いていたといいます。

当時の様子を、マッシさんは漫画で紹介しました。

温泉に入る前、身体をお湯に慣らしたり、汚れを取ったりする『掛け湯』や、タオル1枚だけで身体を隠す光景。

日本人からすると当たり前の光景でも、海外出身の人には奇妙なものに見えてしまいます。

マッシさんはそうした光景に違和感を抱いていたものの、慣れた今となっては温泉が好きになったようです。

海外出身の人が見た温泉の光景に、「変化やどう思っていたのかが、かなり分かりやすいですね」「今は楽しまれていて何よりです!」と多くの人が反応しました。

こうして、日本文化は海外出身の人に愛されていくのでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @massi3112

関連リンク

  • 10/20 17:06
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます