どうして「そんな言い方」するの? 復縁8カ月の恋愛事件簿【40代編集部長の婚活記#272】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

40代の婚活は、コミュニケーションが大切。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんとの復縁編。ステキな誕生日プレゼントをもらってちょっと浮かれているアサミだけれど……。この話は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【40代編集部長の婚活記#272】

「ストライクゾーン」が狭い彼

ある週末のランチ。待ち合わせしたハンバーガーショップがあまりに混んでいたので、別のお店を探すことにした。「ハンバーガーが食べたい」と言ったのは私だったので他に近所の2軒を提案したのだけれど、こだわり強め(?)な彼によって却下されてしまった。

ハンバーガーショップはもう思いつかなかったので、方向性を変えて提案。

アサミ「じゃ、坂を上がったところのカフェは?」

そもそもハンバーガーにこだわってたわけじゃないから、彼の好みに当てはまりそうなカフェをセレクト。返事がないので顔を上げて彼を見た。

するとまた、彼の表情が曇っている。あれ、どうしたの? あのカフェはチャラくもないしチェーン店でもないし大丈夫そうだと思ったけど? また好みに合わなかった……?

映画の提案のときもそうだったけど、最近時々感じる。彼のストライクゾーンは狭い。ある種の美学なんだと思うけど。食事をする店にもこだわりあるし、なんなら食材を買うときもこだわりがある。私もけっして広いわけではないけれど、彼からくらべたらまだ広いわ。

 

彼好みのカフェを提案したけれど

ジェントル「あのカフェのメニューに、ハンバーガーはなかったと思うけど」

わかってるよ。もうハンバーガーのお店、思いつかないから趣旨を変えたの。

アサミ「あのカフェなら広いから混んでなさそうかなって」

ジェントル「いいけどさ、ハンバーガーはないよ」

だからわかってるって。あなたのOKが出そうだからカフェにしたのよ。

アサミ「うん。でも、あのカフェのごはん好きだし」

ジェントル「え、ハンバーガーが食べたいんじゃなかったの?」

「ハンバーガー」と言ったワケは

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

どうしてもハンバーガーってわけじゃなくて、「選んで」って言うからなんだけどな……。でもそれを言うともっとめんどくさいことになりそうだからやめておこう。できるだけめんどくさいことは避けたい!

アサミ「ハンバーガーって言ったのは、パンが食べたかったからなの。あのカフェもサンドイッチとかはあるから」

ハンバーガーショップとカフェの共通項=パンだと思いついて、なんとか取り繕う私。

ジェントル「あ、そう。それならあそのカフェでいいけど」

あぁ、よかった。ちょっと不満げなニュアンスも残っているけれど、第一関門突破。

それにしても、なんだかやけに突っかかってきたなぁ。ちょっと今日はご機嫌ナナメ? なんか私、機嫌悪くなるようなことしちゃったかしら。そもそもハンバーガーが彼の気分じゃなかったとか?

 

なんか悪いことしちゃった?

カフェに入ってからは何事もなかったように、いつも通りの彼に戻っていた。

相変わらずレディ・ファーストだし、スキンシップは多いし、ほめ言葉もくれるし……。ご機嫌ナナメだったのは気のせいね。ちょっと考えすぎだったかしら。

これも私の悪いクセかもね。恋人の対応にちょっと変化を感じると、自分が悪いことをしたのかと思ってしまう。彼とのお付き合いはなにげに7カ月以上、最初に付き合ったのを合わせれば10カ月以上も続いているんだから、もっと自信を持たなきゃよね。

でも……。

いつか「フラレて終わっちゃう」んじゃないかという不安が、まったく無いとはいい切れなかった。事実、一回フラレて終わっているわけだし、ね。

 

なんだかんだで復縁8カ月

復縁してから8カ月。

映画の趣味や食事のお店選びのことで、お互いの趣味が違うところが少しずつわかってきた。でも、それは当たり前のこと。全部一致する相手なんていない。これまで育ってきた環境も、歩んできた人生も違うのだから。

ひとまず、お付き合いは変わりなく続いていた。ただ、彼の仕事に関しては大きな変化を迎えていたようで……。

ジェントル「僕、いまのプロジェクトを外れるかもしれない」

アサミ「そうなの? 立ち上げから中心でやっていたのに?」

2カ月前くらいから、愚痴をこぼしていた仕事のことか。

ジェントル「うん。でももう、続けるの無理かも」

アサミ「調整ばかりって言ってた案件?」

ここ最近、仕事で悩んでいる彼

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

ジェントル「そう。相変わらず折衷案ばっかりで本質的な目的を見失ってる」

アサミ「やっていて苦しいなら、外してもらうのもいいかもね」

ここ最近、つらそうな彼を見ていた。選択する余地があるのなら、彼にとって心が穏やかになるほうを選んでもらいたい。

ジェントル「そうだね」

アサミ「ずっとそのことで悩んでいるじゃない。だとしたら離れることも必要よ」

ジェントル「会社、辞めようかな」

お! プロジェクトを外れるだけでなく、退職する!? ちょっと予想外の展開に心の中は驚きつつも、至って冷静に答えた。

アサミ「それもいいと思うよ」

ジェントル「僕が無職になってもいい?」

 

もし彼が「無職」になったら

アラフィフで無職の彼氏か。そういう人とお付き合いしたことはないけど、別に彼ならいいわ。

アサミ「全然、いいよ」

いや、これまでのキャリアがある人だし、なんならフリーランスでもやっていける人でしょ。

ジェントル「ホント? 無職、無収入だよ。それでも一緒にいてくれる?」

アサミ「うん。悩んでるあなたを見てるほうがつらいわ」

ジェントル「ありがとう。そう言ってもらえると心強い」

彼が会社を辞めても構わない。無職になったとしても、彼のことを好きな気持ちは変わらないもの。出会ったころはアーティストとしての仕事に尊敬の念をいだいた点もあったけれど、いまは仕事のことはほんの一部で、人として彼のことが好きなわけだし。

ジェントル「仕事にあくせくしないで、優雅に暮らしたいなぁ」

もし彼が無職になったら……そうね「ウチで一緒に住もうか」って言おうかしら。いまある私の荷物を断捨離してなんとかしよう。きっと家事は分担してもらえるし。とはいえ、私一人の収入でさすがに優雅には暮らせないかなぁ。

……なんて妄想が過ぎるか(苦笑)。

 

無職になったら同棲しちゃう!?

ジェントル「でもダメだ。子供が成人するまでは働かなきゃ」

突然、冷静になる彼。確かに現実問題として、彼のお子さんはやっと中学生になったばかり。成人して独り立ちするまでには十年くらいか。うーん、無職になった彼を養うことはできたとしても、養育費の肩代わりはできないな。……あ、これも妄想し過ぎよね。

アサミ「そう? 大丈夫?」

心がつらい状況のまま、いまの仕事を続けるのも良くない気がするけど……。

ジェントル「実はさ、転職しようかなって思ってるんだよね」

アサミ「あ、そうなの!」

ジェントル「知人に紹介してもらう話をしてて」

なんだ、それならよかった。

アサミ「いいじゃない。どんなところ?」

転職の話があるのね!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

ジェントル「社長がフランス人なの。僕、やっぱり日本型の企業ってあんまり合わないかなと思って」

アサミ「そうね。そのほうがストレスなさそうなら、いいんじゃない」

ひとまず、彼が仕事で愚痴をこぼさない環境になったほうがいいなと思った。

ジェントル「そういえば、あなたは転職したことないよね?」

アサミ「うん。新卒で入社してからずっと同じ会社よ」

ジェントル「すごいよね、ずっと同じ会社で勤めているなんて」

アサミ「ううん。転職できる実力がなかっただけ」

ジェントル「転職しようと思ったことはないの?」

 

私が「転職」しようと思ったこと

勤務先については真逆の人生を歩んでいる私たち。彼は転職で何社も渡り歩いていて、私は一社しか勤務したことがない。

アサミ「あるよ。転職活動もしたことあるし。でも需要がなかったってこと」

転職活動した先も出版業界ではなく、まったく違う業界だったし(苦笑)。

ジェントル「転職が決まらなくても辞めなかったのはどうして? 独立してフリーランスとしてもできる仕事じゃない」

アサミ「そうね。フリーランスとしてやっていける自信がなかったのかな」

ジェントル「仕事に不満があったり、納得いかなかったりしても、どうして続けられたの?」

アサミ「仕事なんて思い通りにいかないことがフツー、だからかなぁ」

ジェントル「そういうとこ、ザ・日本人的だよね。思っていることを全部言わずに、飲み込む」

アサミ「そうね……」

 

ザ・日本企業人な私と、日本企業に合わない彼

グサッとくるなぁ。思っていることを言わずに飲み込む……。そうね。確かに年齢を重ねるにつれてそうなっているかもしれない。ザ・日本企業に長年勤める会社員な部分があることは否めない。もちろん、そうじゃない部分もあるんだけど。

ジェントル「ね、僕の話ってめんどくさいでしょ」

アサミ「そんなことないよ。すごく勉強になるし、うれしいよ」

ジェントル「めんどくさい男って思ってるでしょ」

アサミ「ううん」

ホントはちょっとだけ思ってるくせに、ごまかした。

ジェントル「ね、あなたは仕事の愚痴はないの?」

アサミ「ありますよ」

ジェントル「どんなこと? 言って」

いますぐ「愚痴」と言われても

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

愚痴を言ってといわれても……いきなり思いつかないよ。

アサミ「うーんと、PVが思ったように伸びない、とか」

ジェントル「それは愚痴じゃない。現在の状況でしょ」

まぁ、そうね。いや、まったく愚痴が無いわけではないけど彼に話すことではなくて。個人的に、彼と一緒にいる時間は楽しく過ごしたいからなー。ネガティブな話を私からはしたくないんだよね。

アサミ「うーん、今は別にない」

ジェントル「ふーん、そうなんだ。お仕事の不満がなくていいね」

 

どうして怒らないの?

またちょっと突っかかってくる言い方してるな。でもま、流そう。面と向かって取り合っていたら、せっかく一緒にいる時間が楽しくなくなる。

ジェントル「ね、どうして怒らないの?」

アサミ「え?」

ジェントル「僕、ちょっとイヤミっぽく言ったでしょ。ムッとしないの?」

アサミ「あ、そんな風に捉えなかったわ」

イヤミっぽく言ってるのかなって思ったけど、あえてスルーしたんだけどな。平和でいたいから。

ジェントル「僕、あなたの感情がよくわかんない」

ケンカ腰というほどではないけれど、明らかにいつもより強めの口調で彼が言い放った。え、ナニ?  私は穏やかに過ごしたいだけなのにどうしてそんな言い方するの……!?

 

 

運命の人と出会うには!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/253214/ )

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

恋愛に不器用な40代独女が婚活でたどり着いた結論とは⁉ 運命の人をみつけたい人、必見です!!!

 

 

関連リンク

  • 10/20 8:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます