「いつも忘れ物しちゃう」そんな悩みを防止するみんながしてるおすすめアイデア16選

拡大画像を見る

忘れ物を防止するおすすめアイデア特集

「使うものを持ち忘れて、出先で困った」「鍵や財布を何回取りに帰ったかわからない」など、忘れ物が多いことに悩んでいませんか?

日常生活を送っていればたまには忘れ物するものですが、仕事や生活に支障が出るようであれば「何か対策をとるべき」というサインです。とはいえ、ただ「気を付ける」だけではなかなか改善しませんよね。

そこで今回は、忘れ物防止におすすめのアイデアのご紹介です。大人なスマートな方法や子供でも出来る対策など、実はたくさんありますよ!

忘れ物の防止アイデア《習慣》

忘れ物の防止アイデア《習慣》
出典:https://pixabay.com/

そもそも、なぜ人は忘れ物をするのでしょうか?実は、その主な原因に「頭の中に余裕がなく、整理できていない」ことがあります。例えば、明日仕事で必要なものを持っていく場合です。

よく忘れ物をしがちな方は「疲れたから準備は明日でいいや」と思ってしまっていませんか?時間や体力がなかったり、やることが多すぎたりすると忘れ物はしがちです。ここでは、忘れ物防止のために毎日やるべき習慣をご紹介します!

前日に持ち物チェック

毎日の忘れ物を防止するためには、前の晩に持ち物を用意しましょう。忘れ物しやすい方には頭の中やスケジュールに余裕がない方も多いです。朝に慌てて用意して、出先で気づいたこともありますよね。

そこで、忘れ物防止として前の晩に準備するのがおすすめです。たとえ翌朝急いでいても「あとは持っていく」だけなので忘れ物を防止できます。また、心身に余裕があると万が一忘れ物があっても気づきやすくもなるでしょう。

「いつもの場所」の設定

持ち物に「いつもの場所」を作るアイデアもおすすめです。忘れ物を防止したい方は「ハンカチ」「リップクリーム」などの「いつも持ち歩いているもの」を忘れることが多いのではないでしょうか?

いつも使う持ち物には引き出しやトレイなど「毎日ここに置いてある」場所を作ると忘れ物防止になります。また、このアイデアは持ち物の準備方法が定まりやすいです。「いつもの準備方法」を習慣づけると忘れ物が減りますよ。

持ち物合計数の把握

忘れ物を防止するのに、「普段から必要な持ち物の数を把握しておく」のもおすすめです。ほとんどの方が持ち歩くであろう「財布」「スマホ」「家の鍵」のほか、「メイク直し用品」「仕事用のPC一式」などそれぞれのライフスタイルに合わせた持ち物がありますよね。

その数を一度数えておき、家を出る際にカバンの中を数えることで忘れ物を防止できるでしょう。これは持ち物を減らすことにも役立ちますよ。

持ち物を1つにまとめること

忘れ物を防止したいなら、持ち物はひとつにまとめましょう。実は忘れ物しがちな方によくあるのが「持ち物が多すぎる」パターン。必要な持ち物をピックアップできていないので「あれがない、これがない」と注意力が散漫になり、抜けが出てしまうのです。

カバンの中を一度全て出して、「鍵とお財布をくっつける」「会社などにストックを置く」など工夫をしましょう。バッグインバッグなどを使うのも良いアイデアですね。

忘れ物の防止アイデア《時間》

忘れ物の防止アイデア《時間》
出典:https://pixabay.com/

忘れ物しがちな方の中には頭の中に余裕がない方のほか、時間の使い方がよく分かっていない方も多いです。

前日の晩に自宅でも仕事していたせいで大事なパソコンのケーブルを忘れたことや、旅行で出発時間が迫っているときに限ってチケットやスマホを家に置いてきてしまったことなどはありませんか?

「そういう性格だから」とあきらめずに、余裕を持った時間の使い方をすることがおすすめです。ここでは、忘れ物を防止するための時間の使い方の一例をご紹介します!

時間に余裕を持った行動

学校や職場などで使える「5分・10分前行動」のアイデアは、忘れ物防止にも大きな効果があります。余裕を持つと忘れ物がないか確認でき、万が一忘れ物しても取りに戻れるでしょう。

また、余裕を持った行動は時間管理の徹底で成り立ちます。「早めに出発したと思ったらギリギリ約束の時間だった」なんてこともありがちですよね。自分のスケジュールや持ち物をより正確に管理することで忘れ物を防止できます。

持ち物チェック時間

忘れ物を防止するために「チェックする時間を作る」アイデアです。「持ち物チェックリスト」があるように、旅行など大切な予定の前には忘れ物がないか荷物をチェックしますよね。

忘れ物が多い方には、その忘れ物チェックを毎日のお出かけのたびにするのがおすすめです。そんな余裕を作るのが難しい方もいるかもしれません。しかし、チェックする時間は「忘れ物を取りに帰る」時間より少ないです。ぜひとも心がけてみましょう!

こまめに休憩を取ること

忘れ物を防止する方法として、仕事・家事などの手を止める時間を作るアイデアです。やるべきことや予定を詰め込みすぎていませんか?余裕がないときは持ち物に対する注意力も散漫になりがちで忘れ物も多くなるでしょう。

そこで、忘れ物への対策だけでなく生活習慣の改善を視野に入れましょう。「自分がやれると思っている予定の量」から1~2個減らすことから始めると余裕ができ、忘れ物防止へもつながるでしょう。

予定のシミュレーション

忘れ物防止に、お家を出る前に予定をシミュレーションするのもおすすめのアイデアです。忘れ物は「ないと困るものを忘れる」ことで起こります。出発前にスケジュールを確認すると「今日は会議であの書類が必要だ!」など、出発前に忘れ物を防止することが可能です。

また、前日までに必要な持ち物を確認しておくこともおすすめです。忙しい方ほど時間は有限なので、事前確認でスムーズにお出かけしましょう!

忘れ物の防止アイデア《アプリ》

忘れ物の防止アイデア《アプリ》
出典:https://pixabay.com/

習慣や時間の使い方を変えるほかに、もっと簡単に忘れ物を防止するアイデアを知っていますか?それは多くの方が持っているPCやスマホの「アプリ」です。インストールするだけでアラームや通信、ゲームなどあらゆる機能を活用できるアプリ。

遊びやコミュニケーションに使うだけでなく、忘れ物防止の役割をしてくれるものも多々あります。無料や普段使っているアプリに追加するだけでOKなので今日から始められます。ここでは、そんな忘れ物防止に「使えるアプリ」をご紹介します!

頼れるブレイン役「持ち物管理アプリ」

忘れ物を防ぐのに「持ち物管理アプリ」がおすすめです。「引き出し」「トレイ」など持ち物の場所を決めると忘れ物を防止できます。しかし、それを覚えていないと「後で探せばいいや」と諦めてしまい、そのまま忘れ物に繋がってしまうでしょう。

そこで「TagShelf」などのアプリを使うと、よりスムーズに毎日の持ち物準備ができます。自分の頭の中以外に頼れる存在がいるのは思った以上に安心感がありますよ。

記録しやすいものがおすすめ「Todoアプリ」

使いやすいTodoリストアプリは忘れ物防止になります。忘れ物しやすい方は余裕がなく、「忘れる前になるべく早く、手間なくメモできること」が重要です。そこでTodoアプリに忘れそうなものをメモするアイデアを使うと、後で見返して忘れ物を防止できます。

また、仕事中などにも使えておすすめなのが「PCとスマホで同じリストが共有できる」こと。「Todoist」「gTasks」などは操作がシンプルでおすすめです。

スマートに忘れ物防止「アイテムファインダー」

忘れ物を防止するアプリでは、アイテムファインダーやスマートタグなどで「実際の持ち物の場所」を把握する機能も使えます。その仕組みは、アイテムに専用のチップやカード・キーホルダーなどを事前に付けておき、離れた距離から場所を把握したり音を出したりできるようなもの。

「Tile」や「Qrio Smart Tag」はスマホからブザーを鳴らせるほか、キーホルダーからもスマホを鳴らせる便利な忘れ物防止グッズです。

お知らせをくれる「リマインダーアプリ」

リマインダーアプリも忘れ物防止に使えるアイデアです。忘れ物になりそうなものを事前に登録しておくと通知や音などで知らせてくれて、持ち物を忘れる前に防止してくれます。

中でもおすすめなのはLINEの「りまいんくん」。友達登録してメッセージで「リマインド項目」「日時・時間」を指定するだけで、通知で気づきやすいように教えてくれるのです。メッセージを送るのと操作が似ているのでかなり楽に使えますよ。

忘れ物の防止アイデア《グッズ》

忘れ物の防止アイデア《グッズ》
出典:https://pixabay.com/

忘れ物を防止するためにグッズを使うのはとてもよい方法です。デジタルなアプリを使うのもよいですが、グッズにも「スマホを持っていない子供でも使える」「アナログなのでスマホの電池残量が気にならない」などメリットが満載。

「見たことがある」ものから「こんなグッズがあるんだ!」と目から鱗のアイデアグッズもあるかもしれません。ここでご紹介するのは、そんな忘れ物防止のためのオススメグッズです。

小さいのに頼もしい「お出かけチェッカー」

Todoリストアプリと同じ役割を果たしてくれるキーホルダーが、忘れ物防止におすすめです。「家の鍵」など項目のリストと「○」「×」でやったかどうか管理できるチェック用スライダーが付いたキーホルダーは「お出かけ(忘れ物)チェッカー」という商品名で人気になっています。

鍵にも付けられる小ささや、子供でも分かりやすく扱いやすいのがお出かけチェッカーの魅力。忘れ物チェックを習慣づけるのにもおすすめです。

持ち物管理にぴったり「バッグインバッグ」

バッグインバッグもおすすめの忘れ物防止グッズです。バッグインバッグは忘れ物を防ぐ「持ち物の保管場所を決める」「持ち物を1つにまとめる」習慣に役立ちます。また、容量を制限することにより「持ち物の総数を減らして」注意力不足も防げるアイデアです。

最近はマチ付きで自立するものやリュック用、鍵が付けられるカラビナ付きなど種類が幅広く、ご自分のライフスタイルに合うものもきっと見つかりますよ。

大人にも役立つ「準備ボード」

子供はもちろん大人でも使える忘れ物防止グッズが「準備ボード(お仕度マグネット)」です。付属のマグネットに持ち物が書いてあり、用意したものからひっくり返す(チェックを入れる)ことで「何を準備できたか」が一覧で分かる準備ボード。

注意力散漫な子供が多く使っていますが、大人の生活にも十分使えます。準備ボードを試したいならダイソーなどの100均でも販売されているので、まずは取り入れてみるのもおすすめです。

簡単操作で忘れ物防止「キーファインダー」

玄関での持ち物チェックを楽しくしたいなら「忘れ物探知機(キーファインダー)」もおすすめの忘れ物防止グッズです。リモコン状の機械で操作すると、チップ入りのキーホルダーが音や光でモノの居場所を教えてくれます。

スマホを使ったアイテムファインダーも同様のシステムですが、よりアナログなので子供やお年寄りでも使えるのがこのタイプの魅力。スマホの電池にも左右されないので安定して使えるでしょう。

忘れ物を防止するおすすめアイデアまとめ

今回は忘れ物を防止するためのおすすめのグッズや習慣などをご紹介しました。忘れ物のもとの原因は主に「何が必要か整理できていない」ことです。

「必要なものがどれかわからない」を解消したうえで、自分の思考回路や手間の代わりにアプリやグッズを存分に活用すると忘れ物を防止できます。

忘れ物に気付いた時の「ヒヤッ」とした感覚は二度と味わいたくないもの。事前にしっかり対策して忘れ物に怯えない日常を過ごしてくださいね!

関連リンク

  • 10/20 5:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます