彼氏へ絶対に言ってはダメ!!【別れに繋がる言葉】ってどれ?

拡大画像を見る

大好きな彼氏とちょっとした些細なことで喧嘩をするのは、とても辛いですし悲しい気持ちになり、無駄なエネルギーを使って疲れますよね。
しかしあなたのちょっとしたことで、彼氏と喧嘩の原因になりますしお互いの絆が壊れる可能性もあります。
なかには彼氏に対して軽はずみで言った言葉が別れに繋がる可能性もありますので、そうなる前にしっかりと把握しておきましょう。
そこでこの記事では、彼氏へ絶対に言ってはいけない別れに繋がる言葉についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。


自分の意見だけを押し付ける

彼氏の言葉を聞かずに自分の意見だけを相手に押し付ける女性もいますが、これは別れに繋がってしまいます。
毎回彼女が自分に対して意見を押し付けてくると、徐々に不満やストレスが溜まりますし不信感を抱きますので、あなたへの愛情が冷める原因になります。
男性からしてみれば「俺のことを大事に思ってないな」「自分のことしか考えてないな」と感じていまい、あなたと別れたくなります。


いちいち過去の喧嘩を持ち出す

これは女性ならではの悪い癖かもしれませんが、いちいち過去のことを喧嘩を持ち出すようなことは彼氏へ絶対に言ってはいけません。
毎回過去の喧嘩を持ち出されると、彼氏も徐々にウンザリしますしこの先もずっと一緒にいたいと思えません。
一緒にいても居心地が悪いですし別れたい気持ちになりますので、絶対に言ってはいけないことです。


彼氏のプライドを傷つける言葉

喧嘩になると相手のプライドを傷つけるような言葉を平気で言うことも、別れに繋がってしまいます。やはり常識的に考えて相手を傷つけるような言葉は絶対に言ってはいけないですし、間違いなく心に深い傷が残ります。
いくら付き合っているカップルだったとしても、彼氏のプライドを傷つけるような言葉は確実に別れに繋がるのでやめておきましょう。


「元カレは〇〇だったのに」と比較する

これは最悪なことですが、毎回「元カレは〇〇だったのに」と比較することは彼氏へ絶対に言ってはいけない言葉です。
男性からしてみれば、彼女が毎回元カレと比較してくると「まだ未練があるのか」「元カレの方が好きならより戻せばいい」などと逆鱗に触れるだけです。
「勝手にしろ!」などと彼氏に言われ、別れることに繋がりますので、絶対にやめておきましょう。


まとめ

彼氏へ絶対に言ってはいけない別れに繋がる言葉は、基本的に相手のことやプライドを傷つけることです。いちいち元カレや他の異性と比較する言動もやってはいけません。
つい感情的になって思ってもない言葉を言う場合もありますが、あなたのちょっとした発言が別れに繋がってしまうので注意しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/20 14:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます