「堤監督の作品でしか出来ない役」前田敦子が語る堤幸彦作品ならではの撮影現場とは?ドラマ「死神さん」インタビュー

拡大画像を見る

9月17日よりオンライン動画配信サービスHuluにて独占配信がスタートした、主演・田中圭×メイン監督・堤幸彦の最強タッグで贈るドラマ、Huluオリジナル「死神さん」に出演している前田敦子さんの撮り下ろしインタビューをお届けします!

本作は、大倉崇裕氏の同名小説「死神さん」(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(ぎどう・けんにん/田中圭)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪事件を再捜査し、徹底的かつ真摯に真実を明らかにしていく姿を描いていきます。

前田敦子さんが演じるのは、儀藤の連絡係でもある、警視庁広報課所属の巡査の南川メイ。儀藤が担当する事件において“自分なり”のバックアップを行い陰ながら捜査をサポートする存在です。

前田さんに、演じた役柄についてや、堤監督の現場ならではだと感じる部分など、お話を伺いました。

「メイのように年齢不詳な役はこれまでなかった」

――南川メイの登場シーンは、かなりテンションが高く、癖の強い人物ですよね。

前田:メイに関しては、堤監督がテンポを大事にされていたので、そのスピードに追いつくために毎回焦ってやっていました。すごく客観的な役であまり背景も描かれていないので、「これからどうなっていくのかなぁ、続編があったらいいな」と思いながら。メイの心情なども全然出てこないので、楽しくやれる役だなとは思いました。

――演じるにあたって心がけたことや受けたディレクションは?

前田:今回、監督から「ここでこれをやって」と言われることが結構あって、「こうやってください、はい、どうぞ!」みたいな、無茶振りに近い演出が多かったです(笑)。だから、勢いが大事なんだろうな、と。本当にキャラクター重視の立ち位置でもあったと思います。全体を通してみると暗くなってしまう物語のところに、イイ感じの箸休めの存在になったらいいなと思いながら演じていました。


【メイキャラクター動画】Huluオリジナル「死神さん」儀藤のストーカーで熱狂的ファン!?
https://youtu.be/Y_89JYXwuBg

――掴みどころがないような人物なので、難しさもあったのかな?と思いました。ちょっと口が悪かったり、振り切ったキャラクターですよね。

前田:失礼なことも言ったり(笑)。でも、儀藤さんがちょっとダークコメディな人なので、メイはふざけているくらいがちょうどいいのかな、と自分の中では思いながらやっていました。外で叫んで儀藤さんの帽子を掴んだりするシーンは、朝イチに撮ったので気持ちよかったです。

――あのシーンは田中さんと話し合われたりされたのですか?

前田:私達で話し合うというよりは、監督が「なんで儀藤は帽子をとらないんだ」という素朴な疑問みたいなものを出してきて、監督から「こうやって」とリクエストをいただいていました。

――堤監督が演出を全部細かく作り込まれているのですね。

前田:そうですね。自由にやってください、というよりは、「ここでこれをやって」と明確だったと思います。監督が本当にしっかりキャラクターを考えて、私達に投げてくれる感じでした。だから、私が撮影現場に入ったときには、すでに儀藤さんの「逃げ得は許しません」の決めポーズも決まっていて。もうすっかり猫背でした(笑)。喋り方とかは田中さんと監督のお二人で話し合ったみたいですけど、私が教えてもらったときはもう「こういう感じでいきます」と死神さん(儀藤)が出来上がっていました。

――儀藤もだいぶアクが強い役で、今までと雰囲気の異なる田中さんですが、休憩中のご様子は?

前田:田中さんはオン・オフがはっきりしている方ですね。今回は特に普段の田中さんとはまったく違う儀藤というキャラクターを演じていらっしゃったので、それをすごく感じました。オフは、めちゃくちゃ普通の田中さんでしたよ(笑)。喋り方とかも本当に普通で、それが面白かったです。

――前田さんから見た儀藤の魅力は?

前田:うーん、何だろう……ちょっと嘘をつくんですよね(笑)。でも、それが性格が悪く見えないというか。たぶん、お茶目な人。奥さんのフローラさんのことも最後まで観ないとホントかウソかわからないし、そういった嘘をいっぱいつくんですよ。だけど、奥さんのことは大好きで、お茶目な部分もあるので、本当はすごく良い人なんだろうな、マニアックな人だな、と思いますね。

――印象に残っているシーンはありますか?

前田:儀藤さんとの警視庁内の部屋でのシーンは、毎回撮影が楽しかったです。色々被り物が置いてあって、それを実際に被ったりもしました。2人でのシーンは掛け合いも長いシーンが多かったので、毎回やっていて楽しかったです。

――ゲストキャラとの絡みもありましたが。

前田:一番長い時間ご一緒できたのが、りんたろー。さんです。ずっと「小顔になりたい、小顔整体に行くのが趣味」という話をしていたので、私のオススメの整体を教えてあげたんですけど、行ったのかはわからないです(笑)。でも、すごく忙しくされている中で、お芝居に対してとても熱心に向き合われていて素敵だなと思いました。

――今作はザ・堤作品という印象的な演出のドラマとなっていますが、これまでも映画「イニシエーション・ラブ」など堤作品に参加されていて、堤監督ならではだと感じる部分はどんなところですか?

前田:現場でどんどん編集をしていく、というのは堤監督でしか見たことがないです。そのスピーディーさは演出にもすごく感じますね。「深く考えないで、とりあえずどんどんやって」みたいな。遠くから天の声のような感じで聞こえてくるんですよ。「じゃあ、そこでそれをやってください。はい、スタート」みたいな(笑)。そういう無茶振りがとても多い監督です。でもだからこそ、普通の人が作れない新しいコメディの世界を今まで作られているんだろうな、と感じます。

どの現場でも堤監督は変わらないですね。いつも明るい。延々とお喋りしてます(笑)。今回はホモ・サピエンスについて、ずっと教えてもらっていました。

――では、前田さんはホモ・サピエンスについて詳しくなられたと(笑)。

前田:はい(笑)。わかりやすい教科書のような大きな漫画になっている『サピエンス全史』を、その場で堤監督が通販で購入して送ってきてくれました。勉強しろって言われて(笑)。

――今回、メイを演じて、新たに自分の中で得られたものはありますか?

前田:メイのように年齢不詳みたいな役はこれまでなかなかなかったです。堤監督の作品では毎回すごく面白い役をやらせてもらえて、今回はまさにそんな役だったなと思うので嬉しかったです。

――前田さんはこれまで等身大の役が多かったですものね。

前田:そうですね。それにしても、癖の強い役が多いんですけど(笑)。今回はこんな役を用意してくれたんだ、と思いました。毎回、堤監督が呼んでくれると楽しみです! 堤監督の作品でしか出来ない役だと思います、今回のメイちゃんは特に。

――本当に堤監督作品に出てくるアクが強いキャラ、という感じですよね(笑)。では、ドラマの見どころと楽しみにされている方にメッセージをお願いします。

前田:毎回儀藤さんが犯人を追い詰める長台詞と決め台詞は、私も現場で見ていてすごいと感じていたので、それは楽しみに観ていただきたいです。あとは、堤監督ならではのギャグがたくさん盛り込まれていて、効果音も入ってさらに堤監督の世界観になっているなと感じました。

小学生くらいのお子さんが観ても、儀藤さんの見た目が面白い、から入っていけると思いますし、そこから難しい内容も親御さんと一緒に観て説明してもらったら、楽しんでもらいやすいのかなと思います。あまり準備しないで観て貰えれば、サッと堤監督の世界に入っていけるのではないかな、と思うので、新しい田中圭さんをぜひ楽しんでください。

――ありがとうございました!

[撮影:周二郎]


Huluオリジナル「死神さん」新予告編公開!(主演・田中圭、監督・堤幸彦)
https://youtu.be/MQOP3iqJiqc

関連記事:
「もう続編をやりたい!」堤幸彦監督最新ドラマ『死神さん』田中圭・前田敦子・竹中直人が見どころを語る
https://getnews.jp/archives/3104704

作品概要

Huluオリジナル「死神さん」
Huluで独占配信中 ※毎週金曜、1エピソードずつ配信(全6話)各話約50分

【出演】田中圭 前田敦子
ゲスト:小手伸也 蓮佛美沙子 りんたろー。 長谷川京子 竹中直人 他
【原作】大倉崇裕「死神さん」(幻冬舎文庫)
【演出】堤幸彦(第壱話・第弐話・最終話)、藤原知之(第参話・第肆話)、稲留武(第伍話)
【脚本】渡辺雄介
【主題歌】宮本浩次「浮世小路のblues」(ユニバーサル シグマ)
【エグゼクティブプロデューサー】長澤一史
【チーフプロデューサー】茶ノ前香
【プロデューサー】大野哲哉 中沢晋
【制作プロダクション】オフィスクレッシェンド
【製作著作】HJホールディングス
(C)HJホールディングス

公式サイト :https://www.hulu.jp/static/shinigamisan

関連リンク

  • 10/20 13:10
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます