岸田教団&THE明星ロケッツ、メジャー初のベストアルバムは「実質新作気分」

拡大画像を見る

岸田教団&THE明星ロケッツが、ベストアルバム『異世界転生したらベストアルバムでした。』を本日10月20日にリリースした。



同ベストアルバムは、これまで携わってきたアニメ主題歌オリジナル音源で全曲、初期のころから人気の高い楽曲など厳選された10曲が再レコーディングされて収録。岸田教団&THE明星ロケッツの骨太なロックサウンドに、同人時代からの自由な発想でクリエイティブされた1枚になっている。


また、10月23日(土)16:00-18:00にて、『異世界転生したらベストアルバムでした。』リリースイベントとして、オンライントーク会の実施される。


現在、ツアー中の岸田教団&THE明星ロケッツは、10月28日(木)Zepp Diver City にて、『厳かに祭典』ツアーファイナルを迎える。


ベストアルバムをリリースし、メジャー10年生き残りを称えたタイトル『厳かに祭典』へ是非、足を運んでみてはいかがだろうか。


<岸田からのメッセージ>

いよいよ頑張って作った例のベスト盤の発売日です。再レコーディングしてたら実質新作気分なのでちょっとビビっています。大丈夫!昔のもあるから!新しいのが気に入らなくても冷静に一度深呼吸をするんだ。気に入った場合は大げさに絶賛していただけると助かります。お祭りだから!そういうわけで僕らの11年分の歩みをアーカイブしたマイルストーンになるベスト盤をよろしくお願い致します。東京でのライブもあるのでぜひ遊びにきてください。



関連リンク

  • 10/20 12:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます