博多水炊きとり田の新業態「博多鶏そば とり田」が100日間限定でオープン!


「博多水炊きとり田」の新しい麺業態「博多鶏そば とり田」が、10月17日(日)〜2021年1月24日(月)の100日間限定で営業中だ。

天然にこだわった一杯


「博多鶏そば とり田」では、地元福岡や九州で大切に作られた美味しい食材や調味料と鶏100%のスープのほか、麺を知り尽くした地元福岡の「北村製麺所」の卵不使用・独自配合の中ちぢれ麺を開発。天然にこだわった一品をつくり上げた。

また、波佐見焼の和山・広東丼を使用。高い高台が特徴で、上品で美しい白磁が麺をより一層引き立てる。

濃厚鶏そば


「濃厚鶏そば」が目指したものは“とろみ”と“うまみ”。鶏のうまみたっぷりのスープに地元福岡の醤油と鹿児島県産の厚削り節のかえしで合わせた、「博多水炊きとり田」スープの進化系濃厚鶏そばとなっている。

低温調理でしっとりと仕上げた薄切りの鶏チャーシューと、大分県産の完熟した黄柚子の柚子胡椒を添えた一杯を堪能しよう。

天然しょうゆ鶏そば


「天然しょうゆ鶏そば」は、こだわりの鶏スープに地元福岡・糸島に明治時代から続く“北伊醤油”の生しぼり特別醤油を使用した淡麗クリアスープが特徴。

うまみを感じる炙り鶏ももチャーシューを添えて仕上げている。

その他のメニューにも注目


そのほかにも、こだわりの二種のチャーシュー、出汁香る味玉、姪浜産の海苔、メンマを添えた「特製・濃厚鶏そば」や、


「特製・天然しょうゆ鶏そば」もラインナップ。

香ばしい香りが特徴で、麺と共に楽しめる「福岡・八女のほうじ茶」も用意している。

100日間だけ楽しめるこだわりのメニューを味わいに、「博多鶏そば とり田」へ立ち寄ってみては。

■「博多鶏そば とり田」
住所:福岡県福岡市博多区美野島1-4-1

画像をもっと見る

  • 10/20 10:56
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます