「婚姻届に判を捺しただけですが」第1話、坂口健太郎“百瀬”の寝起き姿に「想像の斜め上」「最高すぎて頭抱えた」などの声集まる

拡大画像を見る

清野菜名、坂口健太郎の共演でおくる「婚姻届に判を捺しただけですが」の第1話が10月19日放送。坂口さん演じる百瀬の“寝起きの悪さ”とパジャマに多くの反応が集まるとともに、あいみょんが歌う主題歌の歌詞とドラマのリンクぶりにも注目が集まっている。

「フィール・ヤング」(祥伝社)にて連載中の同名コミックを原作に、偽装結婚をテーマにした“不意キュン”ラブコメが展開する本作。

現在彼氏はいないが、仕事にやりがいを感じ「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌するデザイナーの大加戸明葉を清野さんが、とある理由から”既婚者”の肩書を手に入れるため、出会ったばかりの明葉に偽装結婚を申し込む広告代理店「秀伝堂」の営業マン、百瀬柊を坂口さんがそれぞれ演じる。

共演には柊の義姉となる百瀬美晴には倉科カナ。明葉が出会う動物病院の看護師、牧原唯斗には高杉真宙。柊が勤務する広告代理店「秀伝堂」で受付している麻宮祥子には深川麻衣。明葉が勤める「森田デザイン」の社長・森田聡には田辺誠一。

柊の兄、百瀬旭には前野朋哉。百瀬の部下の井上陸には森永悠希。百瀬の上司・舛田康弘には岡田圭右。明葉が働く「森田デザイン」のデザイナー・小杉深雪には中川翔子。同じくデザイナーの坂原証には笠原秀幸。2.5次元俳優にハマっている藤井ひかりには小林涼子。新人デザイナー・田村彩乃には長見玲亜。明葉の祖母・大加戸初恵には木野花といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

「おひとり様最高!」と独身生活を楽しんでいた明葉はファミレスで、プロポーズするものの女性に水をかけられ逃げられる百瀬を見かける。その夜の飲み会で百瀬と再会する明葉。百瀬は今日あったばかりの明葉に「僕と結婚してみませんか?」と問いかける。既婚者という肩書きが欲しいと語り、「必要な時にパートナーとして横に立ってくれたらいい」と“偽装結婚”を提案してくる百瀬。当初は拒否していた明葉だが、いきなり700万円もの借金を背負うことになり、彼女は百瀬から借金の返済資金を貸してもらうのと引き換えに、百瀬との結婚を承諾する…というのが1話の展開。

同居を始める明葉と百瀬だが、百瀬は目覚めが非常に悪く、毎朝いくつもの目覚ましが轟音で鳴り響く…。我慢できずに明葉が百瀬の部屋の扉を開けると、そこにはひどい寝相の百瀬が。普段のクールな様子からは想像もつかない百瀬の“目覚めの悪さ”に「朝弱い百瀬さん可愛すぎん?」「寝相も寝起きも悪くて寝癖眼鏡の百瀬さん最高すぎて頭抱えた 」「百瀬の寝相が想像の斜め上だったわ」などの声が殺到。

またあいみょんが担当するテーマソング「ハート」にも数多くのコメントが。「歌詞とシーンのリンクハンパな!」「ハート流れるタイミングナイスすぎだし歌詞も2人に重なり合ってて素敵!!!」「歌詞がハンオシでの偽装結婚という形で始まった2人のことかな~って思ったり」など、ドラマとのリンクを感じさせる歌詞にも注目が集まった模様だ。



(笠緒)

関連リンク

  • 10/20 10:05
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます