相模原、GK竹重安希彦の左ひざ蓋靭帯断裂を発表…全治は明らかにされず

拡大画像を見る

 SC相模原は20日、GK竹重安希彦が負傷したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブ公式サイトによると、竹重は10日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の京都サンガF.C.戦(● 1-2)で負傷。左ひざ蓋靭帯断裂と診断された。なお、全治については明らかにされていない。

 現在34歳の竹重は、2010年にジュビロ磐田へと加入してプロキャリアをスタートさせると、2013年にはアルビレックス新潟へ期限付き移籍。2015年に栃木SCへ完全移籍を果たし、以降は2019年の横浜FC移籍を挟んで2021年に相模原へと加入した。今シーズンはここまで、J2で16試合に出場。天皇杯でも1試合でゴールマウスを守っている。

関連リンク

  • 10/20 10:44
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます