櫻井海音、ラブコメ初挑戦に手応え「悪い男感は出せたかな(笑)」『つまり好きって言いたいんだけど、』

拡大画像を見る

大原櫻子さんが主演を務めるドラマParavi『つまり好きって言いたいんだけど、』(テレビ東京系、毎週⽔曜24:30〜)が10月6日から放送中です。

『恋はつづくよどこまでも』の円城寺マキによる同名コミックを原作とした今作は、女性マネージャーとブレイク寸前の俳優による禁断のゴシップラブコメディ。好きになってはいけない葛藤や、素直になれないもどかしさが溢れる“焦れキュン”満載の物語において、櫻井海音さんは、嘘が得意な若手俳優・藤代瀬那役を演じます。

恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』(ABEMA)で話題を集め、『連続テレビ小説 エール』(NHK)、『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に出演するなど、ネクストブレイクが期待される櫻井さんは、ラブコメディ初挑戦となる本作とどう向き合っているのか。役作りについて、また主人公・冴島千歳を演じる大原さんとのエピソードについても語ってもらいました。

――オファーが来た時の心境は?

連続ドラマでさらに藤代瀬那という役をやらせてもらえること自体、ものすごく嬉しかったです。もちろん自分にこんな役ができるのか、という不安はありましたけど、原作と台本を読んで「早く演じたい、早く撮影に臨みたい」と、高揚感みたいなものがありました。

――瀬那という役柄をどう捉えていますか?

いろんな過去を抱えているので、表の顔があって、裏の顔があって、千歳に対する顔があって、俳優の時の顔があって……。でも、徐々に千歳にだけは本当の自分を出せるようになってくる。世渡り上手だけど、内側にある部分はピュアで、かわいいなぁっていう印象を持っています。

――様々な顔を演じ分けるのは大変そうですね。

今も絶賛撮影中なんですけど、話す相手によって言葉のニュアンスや接し方も全然違います。千歳に出会って芝居自体が成長していったり、千歳に対する態度が変わっていったりもするので、すごく難しいですね。でも、やりがいのある役を楽しませていただいています。

――これまでの撮影で、とくに印象的だった演出を教えてください。

瀬那が千歳に嘘をついて騙すシーンでは、“目”の寄りのカットをたくさん撮るんです。千歳に対して“悪いことをしている目”を印象的に撮るというのが監督のこだわりでもありますし、僕自身も目の芝居は大事にしています。

――目で表情を見せるのは難しいと思いますが、手応えはありましたか?

悪いことをしたときの目線に関しては、わりとうまくできたような気がします。千歳に言い寄る時の、ちょっと“とろ~っ”とした目は、得意だと自負しています(笑)。

――演じる上で、原作に近づけるような意識もあったのでしょうか?

原作の瀬那には髪が長いイメージがあったので、撮影期間に入る前から襟足を伸ばしていました。あとは、やっぱり目です。瀬那の目つきや視線は、原作からしっかり抽出できるように意識していました。

――逆に、ドラマならではの要素はありますか?

瀬那のキャラクターは原作に近いんですけど、千歳は原作とドラマでかなりキャラクターが違うんです。原作では敏腕マネージャーですけど、ドラマでは教師を退職させられて、突然芸能事務所に入った新米マネージャー。そんな千歳を欺く感じはドラマならではのおもしろさですし、僕も櫻子さんのお芝居に自分がどう返せるのかを楽しみながら演じさせて頂いています。

――実際に大原さんと向き合うことで、自分のイメージしていたものと演技が変わるようなこともありますか?

そうですね。相手の演技を受けて、自分の演技が変わることはよくあります。千歳がこういう怒り方や照れ方をしたから、瀬那はこうしよう! とか、千歳にこういう反応させるためには、瀬那はどういう動き方や囁き方をしたらいいんだろう? とか、すごく考えています。

――胸キュンシーンも多いと思いますが、千歳のどんなところにキュンとしますか?

瀬那は虚勢を張っていたり、嘘をついていたりするんですけど、だんだんそれが千歳にも移っているような気がして。後半の方で、千歳が「あ、そうですか」みたいに嫉妬を隠すような素振りをするんですね。そこが僕は、客観的に見てすごく可愛いなと思います。

――ちなみに、櫻井さんご自身はどんな女性に弱いですか?

“僕に興味がない女性”です。僕は興味を持たれると冷めちゃうタイプなんですよ。こういう仕事をやっているので、テレビとかも見ないような方がいいです。追いかけられるよりは追いかけていたいので、ふだんは興味がない感じにしてくれていて、でも甘えるところは甘えるような……猫みたいな感じですね。

――今作でラブコメ初挑戦ですが、ラブコメ作品をやってみたいという思いはありましたか?

お話をいただくまでは少女漫画を読んだことはなかったですし、ラブコメも見たことがなかったんです。でも、原作を読ませていただいた時に「こんなに少女漫画とかラブコメっておもしろいんだ」という発見があって、なんで今まで読んでこなかったんだろうってすごく後悔しました。今回、役作りの一環でいろんなドラマや映画を観させてもらったら、やっぱりすごくおもしろくて。もっと早く見ておけばよかったな、っていうのはありましたね。

――いろいろな作品をご覧になったとのことですが、この“キュンのさせ方”はすごいなと感じた役者さんはいらっしゃいますか?

『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』で、(横浜)流星さんがメガホンを使って叫んでいるラストのシーンは、男としてすごくかっこいいなと思いました。女性への詰め寄り方みたいなところも、流星さんの芝居を見て学ばせていただきました。

――今回、実際に胸キュンシーン演じてみていかがですか?

瀬那のちょっと悪い男感は出せたんじゃないかなと思います。千歳を誘っている感じは、結構出せたかなと(笑)。

――そういったシーンでは、大原さんと事前に演技プランなどについてお話も?

ときどき話しますけど、段取り(本番前のテスト)の芝居を見て、受け方を考えてやっている感じです。お互いに、いろいろと作用しあって生まれているものなんだろうなと思います。

――大原さんの第一印象についても聞かせてください。

とても丁寧な方だなと思いました。年齢が5歳ぐらい違うんですけど、最初に話した時には全部敬語でしたし、「海音さん」と“さん付け”で呼んでくれました。年下の子には呼び捨てとか、“くん付け”で呼ぶ方が多いと思うので、すごく丁寧で優しい方なんだなっていうのが第一印象でしたね。

――今はなんと呼ばれているんですか?

今はカイちゃん、らこちゃんです(笑)。撮影2日目ぐらいに打ち解けてきて、「なんて呼ばれるの?」と聞かれたので「海音か海音くんですね」と話したら、「他のを付けたいね」って。僕、「カイちゃん」って初めて呼ばれてるんですよ。櫻子さんは「さくちゃんか、らこちゃん」と言っていて、らこちゃんって何だろう? と思ったら、「“さくらこ”の“らこ”から来てる」と。それがおもしろいなと思ったので、カイちゃん、らこちゃんになりました。

――現場の雰囲気もよさそうですね。

櫻子さんは座長としていろんなところに気を配っていますし、僕のこともいろいろと心配してくれて、すごく頼りがいがあります。スタッフさんも含めて明るい現場なのでやりやすいですし、僕自身もラブコメということで、カメラが回っていないときにも楽しい現場づくりを意識しています。今はとんでもないくらいに仲がよくて、撮影の合間にはずっと喋っているくらいです(笑)。

――ありがとうございます。では最後に、読者へのメッセージをお願いします。

千歳が瀬那に振り回されながらも、お互いの思いがだんだん近づいていく。途中ですれ違ったり、嫉妬したりっていう“焦れキュン”要素はもちろんですけど、芸能界とはなんぞや、俳優とはなんぞやみたいなところも深く描かれています。同じ若手俳優という立場としては、「うぅ……」と考えさせられるシーンもたくさんあるので、そういったところも楽しんでもらえたらと思っています。

hair & make:高草木剛(VANITÉS)
stylist:藤井晶子
ニット¥39,600:SHAREEF、パンツ(セットアップ価格)¥9,900:WYM、シューズ¥42,900:ATTACHMENT(Sian PR)
お問い合わせ先:Sian PR(03-6662-5525)

<10月20日放送 第3話あらすじ>
ひょんなことから瀬那(櫻井)との同居生活が始まった千歳(大原)。瀬那に何かとこき使われ不満顔。マネージャーとして瀬那を支えつつも教師に戻る決意を新たにするのだった。

一方瀬那は大女優・一色涼香(黒木瞳)との共演のチャンスを掴み、役者として大切な局面を迎えると同時に、演技の壁にも突き当たっていた。

ある日、千歳の就職活動中、瀬那から緊急連絡が入る。慌てて戻った千歳を待っていた事態とは! そしてふたりはまさかの事態に……。

関連リンク

  • 10/20 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます