ジャニーズWEST、“7”づくしのデビュー7周年に密着!

拡大画像を見る

2018年から3シーズンに渡り放送された『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ ※関東ローカル)が、10月29日(金)25時5分より、Season4としてスタートする。今シーズンのトップバッターを飾るのが、関西出身の7人組グループ・ジャニーズWESTに決定した。なお、放送直後からフジテレビの動画配信サービスFODにて独占配信される。

ジャニーズWESTは2014年、関西弁の歌詞が印象的な「ええじゃないか」でCDデビューし、オリコン初登場1位を獲得。2016年にはグループ初の京セラドーム大阪での公演を成功させた。個々でもドラマの主演や舞台の座長を務め、さらに今年に入りグループの冠番組が全国放送に昇格するなど、多方面で目覚ましい活躍を見せている。しかし、ここまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。

桐山照史は「僕らはそんなに飛び級をしてないというか、いきなり出てミリオン出せたとかじゃなくて、一歩一歩進ませてもらっている。なんや言うたらちょっと足踏みする時もあった」と振り返る。関西出身であるという自分たちの強みを生かすため、バラエティ番組では多くの芸人らと共演、コンサートではコントを披露するなど、さまざまな模索を続けてきた。

そんな彼らは今年デビュー7周年を迎えた。メンバーの人数と同じである“7”という数にこだわり、7周年を特別な年と位置付け、3月には7枚目のアルバム「rainboW(レインボー)」を発売。さらに4月からは、全国7都市を回るツアー『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2021 rainboW』を開催した。抜群のチームワークと、互いを思いやる強い絆で結ばれた7人。時には体を張ることも厭(いと)わず、熱意と努力で一歩ずつ歩みを進め、注目度を増してきた彼らが、この先に見つめるものとは何なのか。グループのさらなる飛躍のため精力的に活躍の場を広げる、激動の7か月を追う。

関連リンク

  • 10/20 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます