平田牧場、「とんかつ半額」で若者の投票促す「選挙割り」!

拡大画像を見る

 平田牧場は、10月31日に投開票される衆議院議員選挙と酒田市議会議員選挙を対象に、10月25日から選挙翌週末の11月7日の期間限定で全国の直営店で「選挙割り」キャンペーンを実施する。

 「選挙割り」は、若者の投票率や社会参加意識の向上を願い、投票の際に受け取ることができる「投票済証」を飲食店などで提示することで、サービスを受けられるもので、近年社会的にも注目され全国に広がりを見せている。
 平田牧場での実施は、2019年8月の酒田市長選挙(山形県酒田市市内のみ)、2021年7月の山形知事選挙(山形県内のみ)に続き3回目となる。今回は国政選挙での実施となり、全国の直営店での同時開催は初となる。
 今回の選挙割りでは、山形県酒田市内の店舗を対象に、衆議院議員選挙と酒田市議会選挙の投票済証の提示で、対象商品を1会計分、半額で提供する。
 対象商品は、飲食店が「金華豚厚切りロースかつ膳」と「三元豚厚切りロースかつ膳」、焼肉店が「金華豚極上手切りロース」と「三元豚特選手切りロース」、物販店が「金華豚ロースかつ」。
 また、東京都内、宮城県内、山形県内(酒田市以外)の店舗では、衆議院議員選挙の投票済証の提示で、対象商品を1会計分、半額で提供する。
 対象商品は、飲食店が「金華豚厚切りロースかつ膳」と「三元豚厚切りロースかつ膳」(都内店舗は金華豚のみ)、物販店が「金華豚ロースかつ」。
 同社では、選挙割りを通じて、未来を生きる全国の若者が、自らの将来を考え、投票するきっかけになることを祈念し、若者の投票行動を応援していくという。

関連リンク

  • 10/20 6:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます