インテルが3得点で今季CL初勝利…一時追いついたシェリフは3連勝ならず

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節が19日に行われ、インテル(イタリア)とシェリフ・ティラスポリ(モルドバ)が対戦した。

 インテルは初戦でレアル・マドリードに敗れ、前節シャフタール戦ではスコアレスドローと今大会得点から遠ざかっている。一方のシェリフはモルドバ勢初のCL本戦出場ながら、レアル・マドリードとシャフタールを抑えて2連勝を飾っている。

 試合序盤は両者一進一退の攻防を繰り広げ、どちらも相手エリア付近でのプレーに成功する。最初の決定機を迎えたのは7分のシェリフで、クリスティアーノがアーリークロスを供給するとアダマ・トラオレがボレーシュートを狙う。しかし惜しくも合わず、流れたボールはフランク・カスタネダに渡るが上手くコントロールすることはできなかった。

 インテルは33分にフリーキックを獲得。フェデリコ・ディマルコの直接狙ったシュートは相手GKの好セーブに阻まれるが、その直後のコーナーキックから先制点が生まれる。競り合いのクリアボールがファーに流れると、最後はエディン・ジェコが左足のダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺してインテルが先制した。

 前半圧倒されたシェリフは47分、ブルーノが中盤で受けて一人で駆け上がる。得意のカウンターからそのまま自身でフィニッシュまで持ち込むが、シュートはGK正面に飛びゴールを割ることはできない。それでもシェリフは52分、フリーキックを獲得するとセバスティアン・ティルが直接狙ったシュートはゴール右に吸い込まれ同点に追いついた。

 追いつかれたインテルは58分、ジェコのパスから最後はアルトゥーロ・ビダルが左足を振りぬいてゴールネットを揺らしてシェリフを再び突き放す。

 さらに67分、インテルはコーナーキックのチャンスを獲得。ファーのダンフリースがヘディングで折り返すと、中央のステファン・デ・フライがダイレクトで右隅に流し込みスコアを2点差とした。

 試合はそのまま終了し、3得点を重ねたインテルが今シーズンのCLで初白星を飾った。一方のシェリフはCL初出場での開幕3連勝とはならなかった。

【スコア】
インテル 3-1 シェリフ・ティラスポリ

【得点者】
1-0 34分 エディン・ジェコ(インテル)
1-1 52分 セバスティアン・ティル(シェリフ・ティラスポリ)
2-1 58分 アルトゥーロ・ビダル(インテル)
3-1 67分 ステファン・デ・フライ(インテル)

関連リンク

  • 10/20 5:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます