デヴィ夫人の同居人・加藤万里奈、歌手デビュー決定「大変喜んでいました」

【モデルプレス=2021/10/19】世界口笛大会で優勝実績をもつ口笛演奏者である加藤万里奈が、10月20日に「名前の無い駅」で歌手デビューする。

◆加藤万里奈、歌手デビュー決定

口笛とは違った新たなジャンルにチャレンジしていく加藤。デビューシングル「名前の無い駅」は、日本作詞大賞で最優秀新人賞受賞の北爪葵氏が作詞を担当、数々のヒット曲を手掛ける南乃星太氏が作曲を担当、5,000曲以上を編曲してきた伊戸のりお氏が編曲を担当していく。

カップリングには「名前の無い駅」の口笛テイクを収録。加藤の真骨頂が発揮されている。加藤のどこか懐かしい歌声と口笛の演奏を堪能できる作品となっている。

◆加藤万里奈、デヴィ夫人の反応は?

加藤は「口笛童謡のCDアルバム制作の時に、事務所の朝月社長と南乃星太先生にお声がけいただき、歌も出してみようとなり、チャレンジすることになりました」と歌手デビューの経緯を説明。

デヴィ夫人の同居人としても知られる加藤。デヴィ夫人の反応も聞かれると「大変喜んでいました。これからの口笛と歌手の活動を楽しみにしてくれています」と明かし、「演歌・歌謡界を盛り上げていきたいです。そして金の馬を買えるように私の音楽を沢山の皆様にきいていただきたいです」と意気込みをみせた。

◆加藤万里奈、ミーグラムにてファンクラブ「まりなの世界」開設

また、サブスク型プレミアムファンクラブコミュニティプラットフォームMi‐glamuにてファンクラブ「まりなの世界」を開設。SNSでは公開していないプライベート写真や、イベントや撮影の裏側動画など等身大の加藤を見ることができる。(modelpress編集部)

◆加藤万里奈(かとうまりな)プロフィール

1998年12月7日生まれ、22歳。A型。

中学在学中にアメリカで開催された世界口笛大会のティーン部門女子部で優勝。2014年には芸術文化功労賞を受賞。

2018年からは女優としての活動も開始。口笛だけではなく、バイオリン、乗馬など多岐にわたり活動。水戸市の「魅力宣伝部長」に就任。

2019年、日本人で初めてアメリカニューヨーク市のカーネギーホールに於いて口笛を演奏。2019年4月よりデヴィ夫人宅に住んでいる女子大生。口笛世界チャンピオンとしてバラエティー番組に出演。2021年10月に歌手デビュー。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/19 20:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます