綾野剛主演「アバランチ」が高評価!息もつかせぬ展開は“令和版必殺仕事人”

拡大画像を見る

 綾野剛主演ドラマ「アバランチ」(フジテレビ系)が10月18日にスタートし、平均視聴率は10.3%の2桁発進となった。

“雪崩”を意味するアウトロー集団「アバランチ」が、政治家や官僚、大企業といった富と権力を持つ者たちに対して不正を暴く戦いを挑むというこのドラマ。メンバーは主人公・羽生誠一(綾野)をはじめ、元特殊部隊自衛官・明石リナ(高橋メアリージュン)。元ベテラン刑事の打本鉄治(田中要次)。スゴ腕のハッカー・牧原大志(千葉雄大)。そして、メンバーを統括するのは、警視庁特別犯罪対策企画室・室長で元エリートの山守美智代(木村佳乃)。山守の部下の警察官・西城英輔(福士蒼汰)。内閣官房副長官・大山健吾(渡部篤郎)ら豪華役者陣が顔をそろえた。

 ネット上には「面白かった。なんか映画を見てるような丁寧な作りで気合を感じた」「息つく暇もなかった! アウトロー集団のストーリーといい、アクションはもちろん各キャストの持ち味が最高!」「綾野剛も千葉雄大も福士蒼汰も好きだから目の保養!」など、おおむね好意的なコメントが寄せられた。

「脚本は『科捜研の女』や『特捜9』(ともにテレビ朝日系)など、多くの刑事モノを担当している丸茂周氏のオリジナル。原作のない予測不能な物語に、視聴者はどんどん引き込まれていくのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)

“令和版必殺仕事人” とも言われる今作。何が起こるかわからない、今後の展開が楽しみだ。

関連リンク

  • 10/19 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます