BE:FIRST、メンバーの直してもらいたい“才能”とは?

【モデルプレス=2021/10/19】SKY-HIが手掛けたボーイズグループ発掘オーディション「BMSG Audition 2021 -THE FIRST」で誕生したボーイズグループ・BE:FIRSTが、22日発売の「JUNON」12月号に登場。「メンバーの直してもらいたい才能」について語った。

◆BE:FIRST「メンバーの直してもらいたい才能」は?

11月3日に『Gifted.』で待望のメジャーデビューを果たすBE:FIRSTがJUNON本誌初登場。

『Gifted.』というタイトルにちなみ「メンバーの直してもらいたい才能」について問われると、MANATOは「JUNONはよそ向いて、話を聞いていない風の姿勢で話を聞いてる。こっち向いてー!」と答え、SOTAは「RYUHEIは年齢に沿って成長してくれればいい」と回答。続けてMANATOが「RYOKIは字がかわいいけど、読めなさすぎる」と紹介した。

SOTAは「SHUNTOは空腹だとテンションが下がる」と話すと、加えてRYUHEIが「そして限界に達すると台風のように暴れ始める」、LEOが「その振り幅を少なくして!」とSHUNTOへの気持ちを語った。

そしてMANATOは「SOTAは真面目な現場でヘン顔するの、やめてほしい」、RYOKIは「MANATOはギャグセンが高いがゆえに、急にボソッと言って笑わされるから、疲れる(笑)」、SHUNTOは「LEOは自分のテンションで周りを振り回そうとする。巻き込まないでー!(笑)」と話し、仲睦まじい様子を見せた。

◆眞栄田郷敦、杉野遥亮らも登場

そのほか本誌には、眞栄田郷敦、杉野遥亮、草なぎ剛らが登場。犬飼貴丈、高野洸らが登場する「どうやら俺様Sメンが好きみたい」特集、白洲迅、植田圭輔らが登場する「すするイケ麺」特集も掲載。

他にも、鈴木伸之、Da-iCE、超特急、DISH//らが登場。さらに第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストはファイナリストが発表される。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/19 17:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます