生後10か月の「パンデミックベビー」が水泳教室で築いた先生との幸せな絆(米)

拡大画像を見る

アメリカ在住のトレーシー・マートラーナさん(Tracey Martorana)は、ニューヨーク州ワンタフにあるスイミングスクール「Saf-T-Swim」に生後10か月の息子ルーカスくん(Lucas)を通わせている。

生後3か月からスイミングレッスンに参加しているルーカスくんは、インストラクターの1人であるカールソン・ロジャースさん(Carlson Rogers)と大の仲良しになり、今では週1回のプライベートレッスンを楽しんでいるという。

トレーシーさんは2人の関係についてこう明かしている。

「カールソンさんは息子にとって最高の先生です。息子に無理強いすることはなく、いつも自然体なのです。ルーカスが泣いていれば落ち着くまで待ってくれるし、バシャバシャと水しぶきを上げれば一緒に遊んでくれます。ルーカスは体の大きいカールソンさんに抱きつくのが大好きで、私はそんな2人の関係を見るのが好きなんです。」

「ルーカスは新型コロナウイルスが蔓延しているなかで誕生した、いわゆるパンデミックベビーです。なのでとても小さな輪のなかで生活しています。ルーカスの周りにいるのは祖父母や親戚、そしてカールソンさんです。カールソンさんはもう家族のようなものですね。」

トレーシーさんはレッスンの様子を撮影し、TikTokに投稿した。そしてその動画を『ABC News』などが報じたことによって拡散した。

今年9月11日に投稿された動画では、プールの中でカールソンさんの肩にぴったりと体を寄せたルーカスくんを優しく抱きしめる姿が映っており、この投稿には19日現在で1000件を超えるコメントが寄せられた。

「なんという貴重な瞬間! 心温まるビデオをありがとう。」
「暗い話題が多い今の世の中、この素敵な動画はみんなの気持ちを晴れやかにするでしょう。」
「彼らはお互いを必要としているのですね。とても可愛い。」
「とても幸せな気持ちになりました。シェアしてくれてありがとう。」
「2人の絆は素晴らしいですね。インストラクターの彼は本当に素敵な先生だ。」

これを受けてトレーシーさんは「コメント欄がすごいことになっています。みんなカールソンさんが大好きです。愛に限りはありませんね」と語っている。

またコメント欄でカールソンさんのガールフレンドであるアラナ・マリーさん(Alana Marie)が「このとても素敵な男性が私のボーイフレンドであることを誇りに思います。この動画を見せてくれてありがとう。みなさん、温かいコメントをありがとう!」と綴っており、それに対してトレーシーさんは「あなたのボーイフレンドを私の息子に(あと世界中にも)シェアしてくれてありがとう!」と返信していた。

画像は『Tracey Lynnie 2021年9月11日付TikTok「Some days call for swimming, while others call for snuggling with our swim instructor」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 10/19 16:20
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます