オークネットが、第23回「地球温暖化防止と花粉の少ない森づくり」活動を実施


情報流通支援サービスのオークネットが、自然環境保全活動の一環として、森林整備による第23回「地球温暖化防止と花粉の少ない森づくり」活動を、10月16日(土)に実施した。

地球温暖化防止と花粉の少ない森づくり


オークネットは、2005年11月の開始以来、埼玉県入間郡越生町「越生ふれあいの里山」オークネットの森にて、森の健全な育成を図り、森林整備の意義や自然に関する学習をしながらの間伐・除伐を行い、参加者の環境保護意識を高める「地球温暖化防止と花粉の少ない森づくり」活動を実施。これまで合計23回の活動を実施し、のべ1000名以上が活動に参加している。

第23回森づくり活動

今回の第23回「地球温暖化防止と花粉の少ない森づくり」活動では、“森林の育成補助による地球温暖化防止”、“花粉の少ない森づくり”を目的とし、間伐・除伐やフィールドワーク、国土緑化推進機構への募金のほか、昨年コロナ禍により延期となったオークネット創業35周年を記念した植樹も行われた。

オークネットは、自動車産業に携わる組織として、環境負荷の少ないサステナブルな情報流通の普及と、CO2を吸収する緑を増やす植樹・森を育てる間伐・除伐等の森林整備活動に積極的に取り組んでいくという。

画像をもっと見る

  • 10/19 14:42
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます