竹内涼真主演「君と世界が終わる日に」Season3配信日決定 中条あやみらレギュラー陣も続投へ

【モデルプレス=2021/10/19】俳優の竹内涼真主演のHuluオリジナルドラマ『君と世界が終わる日に』のSeason3が、2022年2月25日よりオンライン動画配信サービスHuluにて独占配信することが決定した。中条あやみらレギュラーキャスト陣も続投する。

◆竹内涼真主演「君と世界が終わる日に」新シーズン配信決定

生きる屍=ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、主人公・響(竹内)と恋人・来美(中条)らが、生き残りを懸けた闘いに身を投じる極限のゾンビサバイバル「君と世界が終わる日に」。2021年1月に日本テレビにて放送されたSeason1では、日本の地上波ゴールデン帯連続ドラマ初となる本格ゾンビ作品に注目が集まった。

ある日突然、ゴーレムによって日常を奪われた人々の過酷なサバイバル、プロポーズ直前に引き裂かれてしまった響と来美のラブストーリー、ゴーレムウイルス開発者の謎を解くミステリーと、3つの軸が絡み合う“究極の人間ドラマ”が描かれている。

続いて、Huluで独占配信されたSeason2では、来美がゴーレムウイルスに感染していたという衝撃の展開から幕を開け、新たなコミュニティであるシェルター「希望の家」を舞台にした生存者同士の闘い、ゴーレム化が進む来美の記憶障害、愛する人が続々と倒れていく極限のサバイバル、謎の集団Xの存在など、ゴーレム惨禍の中、数々の死闘が繰り広げられた。

ゴーレムとの壮絶なアクションシーン、すれ違い続ける響と来美の切ないラブストーリー、緊迫した状況下での人間ドラマが話題を呼んだ。さらに本作は、Season2単独で「Hulu 2021年視聴人数No.1(※)」を記録しており、現時点で、今年Huluで配信された全ジャンルの中で最も多くの人に観られた作品として人気を誇っている。※2021年1月~9月の配信作品において

◆「君と世界が終わる日に」Season3始動、2021年10月下旬撮影開始

Season1、2に続き主演を務める間宮響役の竹内はSeason3に向けて「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作るとスタッフの皆さんと共有しています」と力強くコメント。座長らしく「今回のテーマである『信じる』とは何なのかということを僕自身が一番に背負って演じていきたい」と語り、気合いも充分。

そして、Season1、2のサバイバル禍を生き抜いてきたレギュラーキャスト陣の続投も決定。Season3では、中条(来美役)、笠松将(等々力役)、飯豊まりえ(佳奈恵役)、玄理(ジアン役)、小久保寿人(坪井役)、横溝菜帆(結月役)らが再び、それぞれの想いを胸に闘いに身を投じていく。シーズンを重ねるごとに、強く逞しくなってきた生存者たち。新シーズンで生き残ることができるのは誰なのか。

◆「君と世界が終わる日に」Season2ラストから10ヶ月後を描く

ゴーレム惨禍での生存者同士の争いが激化。ついに、禁断の扉が開かれる。Season2のラストでは、ゴーレムウイルスに感染し、響との子供を身籠る中姿を消した来美と、彼女を探す旅に出ることを決意した響。Season3ではその10か月後から描いていく。

ゴーレムに占拠された世界は今、どうなっているのか。妊娠しながらもゴーレム化が進んでいた来美は生きているのか。響と結月(横溝菜帆)がたどり着いた先に待ち受ける、さらなる過酷な運命とは。新たな謎、新たな敵、新たな世界で生まれるのは、愛か、狂気か。禁断の扉が開かれる。(modelpress編集部)

◆間宮響(まみや ひびき)役/竹内涼真

主人公。放浪グループのリーダー的存在として終末世界を生き抜き、離ればなれになっていた恋人の来美と再会。シェルター「希望の家」の惨事の後、再び姿を消してしまった来美を追って旅に出る。

◆竹内涼真 コメント

Season3製作決定の話は、Season2の撮影の終盤に聞きました。率直にまたこのメンバーで集まれることはすごく嬉しいですし、日本のドラマで3シーズンに渡って続編を作るということはなかなかできることではないので、1つの挑戦でもあると思いました。

Season3では、「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作る」ということをスタッフの皆さんと共有していますし、今回のテーマである「信じる」とは何なのかということを僕自身が1番に背負って演じていきたいなと思います。登場人物たちが1つの目的に向かってこの世界を必死に生き抜く姿や、人間の泥臭さみたいなものを1話1話しっかりと表現していければ、またSeason3のラストでステキな終わり方ができると思います。

前作から期間が空いて、また以前の響に戻るという作業は難しい部分もありましたが、現在準備が整ってきています。配信まで楽しみにお待ちください。

◆小笠原 来美(おがさわらくるみ)役/中条あやみ

響の恋人で、ゴーレムウイルスのワクチン開発の実験台となっていた元研修医。ウイルスの感染によって記憶喪失になり、同じく感染が疑われる響との子供と共に姿を消す。

◆中条あやみ コメント

みなさんがずっと楽しみに待って下さっていた「君と世界が終わる日に」Season3がついに始まります!!お腹の中の命と希望の家に残された命を守るため1人で出て行くことを決めた来美は、ゴーレム化が進む中、母親としてどう大切なものを守っていくのか、新しい場所でどうやって生き残っていくのか、また響と再び幸せな日々を送れるのか、来美もきみセカもパワーアップした新たなストーリーを楽しんでいただけると嬉しいです。

これまで以上にゾクゾク!ハラハラ!する生き残りをかけた「人間」ドラマと感動をお届けできるように、新しいメンバーを含めたキャストの皆さまと共に力を合わせて撮影ができたらなと思います。

◆等々力比呂(とどろきひろ)役/笠松将

響と来美の同級生で元警察官。生存者である佳奈恵と行動を共にする。

◆笠松将 コメント

Season3!まずは引き続き参加させていただけることを光栄に思います。Season1、Season2を超えて、より面白く、ワクワクドキドキできる作品を、きみセカチームみんなで作ろうと思います。また等々力とサバイブするのが楽しみです。

SNSでファンの皆様より、『いつ撮影はじまりますか?等々力は生きてますか?』と沢山のメッセージを頂いておりました。やっと言えます、これから撮影頑張っていきます。

◆柊佳奈恵(ひいらぎかなえ)役/飯豊まりえ

放浪グループとして響と終末世界を生き抜いてきた元女子大生。現在は等々力と行動を共にする。

◆飯豊まりえ コメント

去年は、男子陣を見習って現場とトレーニングジム通いの日々でした。これ以上何が起こるんだろうと、次々と壁が立ちはだかってくる現場なので足腰をとにかく鍛えて今回も臨みたいと思います。

再び佳奈恵ちゃんを演じられることも嬉しいです。誰かと一緒に守り抜きたいと、彼女なりの生きたいという決意表明だったので、今回も彼女を信じてSeason3も突き進みたいと思います!きっと生き抜いてくれると信じています、楽しみに待っていてください!

◆ユン・ジアン役/玄理

ゴーレムウイルスのワクチン開発に携わった韓国人医師。

◆玄理 コメント

1人の人物をこんなに長く演じるのは私自身初めてかもしれません。Season1では唯一の肉親を失い、Season2では自分を想ってくれた人を失ったジアン。Season3では誰も死なせない覚悟で闘いたいです。

再びあの大量のゾンビに追いかけられるのか…と思うと震えますが、スタッフ・キャストの皆に再会できるのを心から楽しみにしています!

◆坪井(つぼい)役/小久保寿人

仲間を皆殺しにした謎の組織Xを追う、“刀集団”の元ボス。

◆小久保寿人 コメント

いよいよ始まりますね!あの世界に入って、もう一度皆と芝居が出来ると思うと今から楽しみで仕方ありません。まさか自分がここまで生き残るとは…奇跡です(笑)。

刀集団では一人ぼっちになってしまいましたが、Season3でも彼(坪井)らしくブレずに邁進していくと思うので、僕も負けじと気合いを入れて楽しみながらサバイブしていこうと思います!

◆三原結月(みはら ゆづき)役/横溝菜帆

放浪グループとして響と行動を共にした後、避難したシェルター「希望の家」での惨事を目の当たりにし、再び響と旅に出る決意をする。

◆横溝菜帆 コメント

前作に引き続き、きみセカチームに参加できること、とても嬉しく感激しています!響くんやお母さん達に守られてばかりで、弱かった結月ですが、これからどう成長していくのか、私自身もすごくワクワクしています。しかし、台本が手に届くまで、誰が生き残っているのかわからないので、ドキドキする日々もまた始まります。

響くん達と一緒にゴーレムを倒せるように、私も体力作りをして、アクションも頑張りたいです!

◆これまでのストーリー

<Season1(全10話)>

ある日、突然奪われた―通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%“生ける屍”に占拠された世界の最期を生き抜け。プロポーズ当日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまった青年・間宮 響(竹内涼真)。命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。荒れ果てた街並み、おびただしい数の遺体、そして街をさまよう“生ける屍”たち。異常事態の中たったひとり取り残されてしまった響は、恋人の来美(中条あやみ)を必死に探すが、どこにも見当たらない。やがて響は、この街が警戒区域として封鎖されてしまったことに気が付く……。しかしその中にも、わずかに生き残った人々が…彼らはこの絶望的状況を共に生き抜く仲間か。それとも、死んだはずの人間が次々と襲いかかる絶望的状況。引き裂かれた恋人たちは、再び出会えるのか。現在と過去が交錯し、“生ける屍”の謎が暴かれる。

<Season2(全6話)>

今までの惨劇は、始まりに過ぎなかった。人類 VS生ける屍、新たな出会い、新たな脅威、新たな謎、残酷な運命が加速する。生ける屍=ゴーレムに占拠された終末世界を生き抜き、無事に再会を果たした響(竹内涼真)と来美(中条あやみ)。2人は、再び、猿ノ島で一緒に暮らし始めるが、平穏な日々は長くは続かなかった。猿ノ島で発見された人為的に×印を付けられたゴーレム、そして、来美の感染。この終末世界で新たに発見されたコミュニティ“シェルター「希望の家」”。豊富な食料。備えられた自家発電。自給自足で生活する人々…。栄えた文明を持つ彼らの正体とは。そして、生存者を探す目的は。“×印”の付いたゴーレムの謎…。人為的に付けられたその傷から感じる凶暴性。新たな脅威がすぐそこまで来ている。取り戻せ。奪われた日常を、そしてあの日の約束を。いよいよ人類の反撃が始まる。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/19 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます