Kis-My-Ft2横尾渉、亀梨和也に対して“悪行三昧!? 反省なしの言動に“有罪判決”!

拡大画像を見る

 Kis-My-Ft2(以下キスマイ)がMCを務める『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)。10月15日の放送では現在NHKで放送中の法廷ミステリードラマ『正義の天秤』で主演を務めるKAT-TUNの亀梨和也が出演。ジャニーズ直属の後輩であるキスマイ・横尾渉が過去に亀梨に対して行った悪行がすごすぎるとして、ファンの間で話題を呼んでいる。

 冒頭、司会のますだおかだ・岡田圭右にキスマイとの関係性を聞かれた亀梨は「直近な感じですね」とニッコリ。また『正義の天秤』でキスマイメンバー・北山宏光と共演していることが紹介され、岡田に北山の現場の様子を聞かれた亀梨が「真面目ですし、堅実!」と演技への姿勢を称賛する場面も。褒められた北山がうれしそうに「同い年だから、そういう話も……。『どう堅実に生きていくか』みたいな」と現場でのトーク内容を明かすと、亀梨も呼応しながら「学年一緒なんですけど。ここまでガッツリお仕事一緒にというのはね」「面白いですよ。僕の知らないことを本当にたくさん知っているので勉強になります」と改めて北山を評価していた。

 その後、番組は「ドラマ関係者が告白!撮影中に気づいた亀梨ミステリー」という、共演者からのタレコミコーナーを展開。共演の奈緒から「実はカワイイものが好き」であることを明かされたり、北山から撮影中に「童話の替え歌」や「マリオのBGM」を歌っていることを明かされるなど、亀梨のおちゃめな一面がよくわかるコーナーとなっていた。

 そんな中、放送中からTwitterなどで話題となっていたのが「キスマイ懺悔の天秤」というコーナー。キスマイメンバーが過去に亀梨に対して犯した罪を懺悔で告白してその供述を聞いて亀梨が誰が犯人なのかを予想。最終的に岡田が有罪か無罪か判決を下すという内容だったのだが、話が盛り上がったのが「被告人は亀梨くんの洋服を半ば強引にもらう強要罪の疑い」というもの。犯人の予想を求められた亀梨は「これはキスマイに限らずなんでね……」と渋い顔をしながら、一時期ビンテージブーツを集めていたものの現在は自分の家に一足しかないなどとし、酔っ払って良い気分になっているうちに後輩にいつのまにかあげてしまっているというトホホなエピソードを披露。その後、犯人の予想を求められると「藤ヶ谷と玉森は強引な感じじゃないもんな」とつぶやいたあと「メガネの人じゃないですか(笑)?」と横尾の名前を挙げたのだった。

 その後、今回の罪状は玉森裕太によるものであることがわかったのだが、やはり共犯者として横尾が暗躍していたことが明らかに。玉森が横尾とA.B.C-Zの河合郁人と共に亀梨の家に遊びに行った際に「洋服をもらうくだりになったんですよ」と状況を説明すると、亀梨も「彼らはいつもうちに来ると、リビングにいるのにいつの間にかクローゼットに行こうと……。洋服屋じゃないんですよ、僕」と苦笑。すると横尾が「もらえるタイミングっていうのがあるんです」と笑顔で語りだし、これには岡田が「被告が2人に増えましたね!」とツッコミ。玉森が「もらえるタイミングも横尾さんが全部指示くれるんですよ」と補足すると、岡田は「主犯格ですか!」と驚きの声を上げた。続けて玉森は、横尾が亀梨が酒を飲んで気分が良くなってきたところを見計らい「ちょっとそろそろ…」と亀梨をクローゼットに誘導することを暴露。それを聞いた岡田が「酔っ払わせての作戦なんですか?」と計画的な犯行であることを問いただすと、横尾は「そうです!」と笑顔できっぱり。この悪びれない横尾の態度に亀梨やキスマイメンバーが大爆笑するなか、岡田は横尾に「有罪判決」を下したのだった。

 それを聞いた横尾が「僕はあんまりもらってないんですよ」と言い訳するも、亀梨は「いやいやいや。僕は彼にすごく高価なウォレットチェーンを……デビュー前ですよ。『じゃあこれお守り代わりに。デビューできるまで』って」と、預けた品があるもののまだ返してもらっていないことを明らかに。亀梨が横尾に「デビュー何年目でしたっけ?」と質問すると、横尾は「10年目です。返してないです」と苦笑いしていた。さらに岡田に亀梨のように後輩に物をプレゼントするなど亀梨スタイルを行っているのかと聞かれた横尾は「いや。僕んちは一切、後輩とか入れたことないんで!」と正直なところを明かし、またもスタジオは大爆笑。さらに横尾は「僕があげると『横尾ごときが』ってなっちゃう」としながら「亀梨くんからもらったモノを俺のモノだよっぽくSnow Manの宮舘(涼太)に『これ!』って」と品を横流ししたことも白状し、メンバーや岡田をあきれさせていたのだった。

 これらのトーク内容から亀梨の懐の深さや面倒見の良さが伝わってきたわけだが、身から出た錆とはいえ、これほどの“カッコ悪いエピソード”をすべて引き受けて笑いを取りにいく横尾の潔さは感嘆に値すると言える。恩人である中居正広の背中を見て育っているゆえか、ジャニーズの中でも屈指のトーク力を誇るキスマイメンバーだが、今回の放送でも、そのバラエティ能力が遺憾なく発揮されたと言えるのではないだろうか。

  • 10/19 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます