毎年10月29日は「ドリアの日」!横浜発祥の名物ドリアを食べてみた

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビング編集部のこやぎです。
横浜・山下公園通りに建つホテルニューグランドは、毎年10月29日を「ドリアの日」と制定し、日本記念日協会から正式認定を受けたと2021年7月1日に発表! 何を隠そう「ドリア」は、ホテルニューグランドで誕生した横浜発祥グルメなのです。誕生秘話や10月29日の理由など…その味わいと共に紹介します。

ドリア誕生のきっかけは、料理長の優しい気遣い


この度、「毎年10月29日をドリアの日」として、一般社団法人日本記念日協会より正式に認定いただきました。
“お客様の気持ちに寄り添って生まれたドリアの歴史を、より多くの方々が知るきっかけとなってほしい”、“日本生まれのクリーミーで優しい味わいのドリアが、世代を問わず末永く愛され続ける逸品になってほしい”そんな願いを込め、ドリアを考案した当ホテル初代総料理長サリー・ワイルが来日した10月29日を「ドリアの日」として制定いたしました。

(ホテルニューグランド公式HPより抜粋)

■10月29日は料理長が来日した日
「ドリア」を考案したのは、初代料理長サリー・ワイルというスイス人シェフ。柔軟な発想やスタイルで戦前の日本における西洋料理の発展に多大なる影響を与えたそうです。そして、彼が来日したのが10月29日!

 

■体調の優れない人のために作られた「ドリア」
ホテルニューグランドで初めて「ドリア」が作られたのは、滞在していた外国人銀行家から「体調が良くないので、何かのど越しの良いものを」という要望に応え、料理長が「バターライスにコクのある海老のクリーム煮を乗せ、なめらかな舌触りのグラタンソースにチーズをかけてオーブンで焼いたもの」を即興で創作!

 

発祥グルメが食べられる!1階「コーヒーハウス ザ・カフェ」


ホテルニューグランド発祥の「ドリア」は、1階にある「コーヒーハウス ザ・カフェ」で誰でも食べることができます。


「シーフードドリア」(2,783円)が運ばれてくると、沸々としたグラタンソースの熱気とともにチーズの香りが漂い、佇まいからすでに上品…!

熱々を頬張ると、グラタンソースの滑らかさとバターライスの濃く深い味わいに、心が弾みます!エビやホタテも大きくて、贅沢感も満足感もたっぷり。

 

体調が優れない人のために作られたのに重くない?と思われそうですが、グラタンソースは濃すぎずあっさりし過ぎない絶妙なバランスで、ホッとする優しい味。それが、長年愛され続ける理由なのだなと実感します。

 


一緒に付いてくるチーズを後乗せすれば、より濃厚な味わいも楽しめますよ。

 


窓辺の席なら、山下公園通りの眺めも楽しめます。


感染症対策として入店時の検温・手指の消毒のほか、メニューはすべて二次元コード読み込み。食事中のマスクケースもいただけました。

 

ホテル伝統の味をお取り寄せ「シーフードドリアセット」


ホテルニューグランドのオンラインショップでは、「【冷凍】シーフードドリアセット(6食入)」を購入することができます。

今年から毎年10月29日は「ドリアの日」。ホテルニューグランドに食べに訪れたり、お取り寄せしたり、おうちで手作りしたり、「ドリア」を楽しんでください!

 

ホテルニューグランド
https://www.hotel-newgrand.co.jp/doria1029/

関連リンク

  • 10/19 9:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます