マイナス思考では収入増は見込めない?コンフォートゾーンを抜け出そう!

拡大画像を見る

秋の過ごしやすい季節がやってきましたね。なんとなく頭が重い、だるい、動悸がする、イライラするという症状は、不定愁訴と言われ、気にしないほうが良い人と、そうでない人とがいるようです。

キャリア選択にまつわる悩みは、実は人生を大きく左右する大きな悩みであり、不定愁訴を呼び込んだりします。あれこれ考えすぎてしまって目の前の仕事に手がつかなくなっている人も多く見てきました。会社の業績悪化や部門の統廃合によって、やむなく別の職種、別の業種へ移らざる得ないこともあるでしょう。「仕方ないこと」だと割り切って、前向きに次の職場へ向かうことができればよいのですが、今の職場にしがみつこうとする人、自分の実力不足を嘆くだけでなく、上司のせい、時代のせいだと他責を繰り返す人もいます。職場環境と心の折り合いをつけることは、実は簡単なことではないのです。

マイナス思考に支配されていると、収入も増えることはないって本当?
そうこうしているうちに、マイナスな想いに囚われてしまって、結局先へ進むことができない残念な方もいらっしゃるのが現実です。次へ踏み出す一歩を後押しするのがキャリアカウンセラーの本来の役割ですが、どうお手伝いしても先へ進むことができない方に共通しているのは「自分に自信がない」という自己効力感の低さがあります。「自己効力感」が低いと、自分にはできる!という未来への希望が描けなくなり、きっと次も失敗するだろう、自分には無理だ~と、マイナスのスパイラルに陥ってしまって一歩も動けなくなります。

マイナス思考に支配されていると、収入も増えることはないという事実をご存じでしょうか?貧乏体質三大原則ともいわれる「我慢をすること」「罪悪感」「嫉妬」をきれいさっぱりなくしてしまいましょう。私は今よりも良い暮らしをすることができる価値のある人間だ、という確信を取り戻すべきなのです。結局は、マイナス思考のスパイラルは自ら呼び込んでいるとも言えるため、プラスの道筋へとつながる新しい「行動」をいますぐ始めてください。1分の時間でもあれば英単語の一つでも覚えるなり、今の自分に足りていないものを補うための勉強会に出ていくなり、自分の成長を妨げる無駄な“時間つぶし”を止めましょう。

自分の人生の主役はほかの誰でもないあなた自身です
メディアによって作られた「転職活動」には、大変そうなイメージ、今よりも状況が悪くなる職場にしか行けないのではないかというイメージが先行しています。そんなことはありません。

私には幸せになる価値があるし、今よりもたくさん稼ぐことができる存在であるという事実を思い出して欲しいのです。不平不満を言ったり、今の職場の待遇に文句ばかりで感謝することもできないマイナス思考では、誰からも愛されません。時代は動いています。withコロナ時代にあって、転職市場も激動しています。コンフォートゾーン(Comfort Zone)に閉じこもっていたとしても、時代の流れに取り残され衰退していくだけです。

政府や行政のお願いに従ったとしても、自分のキャリアは自分で切り拓こうとしない限り、良くはなっていきません。自分の人生の主役はほかの誰でもないあなた自身です。「今ここ」に輝くあなたの姿がないのに、どうやって未来にあなたが輝けるでしょうか?あなたが自分で今のあなたの価値を決めてしまってはいませんか?もっと輝き、成長でき、愛され、必要とされる職場はあるはずです。自分を磨く努力を惜しみ、良い職場を見つけ出すための「行動」を止めてしまってはいけません。もし、あなたが今の職場に対して不満があるなら、感謝できるところを探すことから始めてみてください。きっと未来が良い方向へ変わります!

関連リンク

  • 10/19 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます