梅林堂から、地元熊谷産の「ナイストライ南瓜」を使用した季節限定ケーキが登場


埼玉・熊谷の地で1864年に創業し、現在は埼玉県・群馬県で33店舗を展開する老舗菓子店「梅林堂」が、地元熊谷市産の「ナイストライ南瓜」を使用した季節限定のケーキ「香るかぼちゃモンブラン」453円(税込)を発売した。

“ラグビーの街 熊谷”で栽培される楕円形のかぼちゃ


2009年に京都の種苗メーカーが発売した品種「ロロンかぼちゃ」。ユニークな形は特に型にはめて作られるものではなく、自然に楕円形へと成長するのだという。


その形がラグビーボールに似ていることから、「ナイストライ南瓜」という名称で流通。“ラグビーの街 熊谷”を盛り上げるために、熊谷市では奈良地区の田中さんをはじめ市内15名の生産者が栽培している。


「梅林堂」箱田本店内にある「ラグビー神社」(正式名称:寿康神社)には、熊谷青果市場が「ナイストライ南瓜」を奉納している。同神社は、2019年9月に日本で開催されたラグビーワールドカップに合わせて、同年9月20日に建立されたもの。10月13日(水)には、2回目となる秋の例祭が行われた。

「ナイストライ南瓜」を使ったケーキ

「梅林堂」は、11月の埼玉県地産地消月間に合わせて、地元熊谷産の「ナイストライ南瓜」を使ったケーキ「香るかぼちゃモンブラン」を、11月下旬頃まで期間限定販売。きめが細かく滑らかな舌触りと、食べた時に広がる上品な南瓜の甘味が特徴だ。


同社は、埼玉・熊谷で育った農作物を“お菓子”という形にして地域の人たちに届けることで、少しでも地域の人たちが繋がり、活性化していくことを目指している。

また、店舗では、毎週土曜日をケーキの日として“ケーキ全品5%OFF”を行っているので、こちらも利用してみよう。

「香るかぼちゃモンブラン」は、この季節だけの数量限定商品なので、興味のある人はお早めに。なお、ケーキの取り扱いのない店舗もあるため、詳しくは「梅林堂」のホームページで確認を。

画像をもっと見る

  • 10/19 10:53
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます