小室圭さんご結婚で坂上忍なげやりにお手上げ…アンミカ・高橋真麻は「それでもきになる」

拡大画像を見る

 坂上忍が、フジテレビ系『バイキングMORE』で、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚について、メディアが「祝福ムード」へと手のひら返しすることについて「致し方ない」と理解を示した。

 同番組では小室さんが秋篠宮ご夫妻に挨拶するため、秋篠宮邸がある赤坂御用地を訪れ、約3時間半滞在したと報じた。

 天皇皇后両陛下への挨拶は眞子さまひとりで行う予定で、坂上は「小室さんは秋篠宮ご夫妻にしかお会いになられないってことであって、それがある意味皇室の意思表示なのではないかとも言われています」とアンミカにコメントを求めた。

 アンミカは「秋篠宮様も『国民の皆さんが喜ばしい形で』というふうにお伝えしましたし。大切な娘さんをいただく、しかも宮家からいただく1人の男性として小室さんも、結局約束を果たさないままごあいさつに行かれる気持ち。そして秋篠宮様も、そこがまだ反故されたまま送り出す気持ち、どういう思いなんだろう」とめでたい気持ちに水を差すかもしれないとしつつも「気にはなります」と手放しに祝福できない様子。

 眞子さまは26日に婚姻届けを提出後に一般人の『小室眞子さん』として小室さんと会見を開くことになるのだが、会見の雰囲気について高橋真麻は「一応おめでたい席だし、辛辣な質問はないんでしょうね」と想像しつつも「眞子さまが一人で挨拶に行くとか、すべての儀式を全部すっ飛ばすってありえない」と通例行われる結婚に伴う一連の儀式がなくなったことについて「じゃあなんで全部の儀式がなくなるのか。その理由は誰にあるのか。逆にどうして眞子さま一人で挨拶に行くのか。小室さんはなんで連れていけないのか。その理由はなんなのか。っていうのはやっぱりみんな知りたいと思う」と気になっていることを列挙した。

 さらに「この2週間の隔離期間中に、(小室さんの母の)元婚約者の方の問題は進展があったのかとか。あとは今日乗っている車は誰が手配したのかとか。SPの料金は税金なのかそうじゃないのか。自腹なのかとか。知りたいことはたくさんあります」とこと細かく挙げ、坂上に「そこまで知りたいの!?」と突っ込まれていた。

 また高橋は「結婚が間もなくということでなんとなくメディアもおめでとう雰囲気になってきたり、コメンテーターの方も『あれ?今までそういう意見だったっけ?』みたいな」と今まで結婚に否定的だった番組やコメンテーターの手のひら返しを指摘。坂上はこれに対して「メディアのほうも致し方ないんじゃない? 結婚がもう来週でしょ?もう。もう!も う、いんじゃないすっか? っていう。おめでとうっていうのもね」とメディア側に同情的な意見で反論。

 しかし「ここまで3年半くらいも、勝手にマスコミが騒いでたって言う人もいれば、問題が解決してないからずっと扱われ続けたってこともあるわけで。で結末がこれだからね」と投げやりに言い放っていた。

 同番組内では、時間を割いて何度も何度も小室さんと元婚約者との金銭トラブルについて扱ってきたが、結局解決には至らず。この結末に坂上もがっかりだったのだろうか、なかば諦めたような口調だった。

 高橋はメディアの手のひら返しを指摘したり、まだまだ結婚に納得いっていないようだが、今日の坂上の「もういんじゃないすっか」の一言で、ついに同番組も「祝福モード」へと変わって行くのだろうか?

  • 10/19 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます