田中みな実の復縁エピソードに「わら人形じゃなくてよかった」と視聴者戦慄

拡大画像を見る

 田中みな実が10月12日に放送されたバラエティ番組「グータンヌーボ2」(カンテレ)に出演。元カレの藤森慎吾と破局後、実は復縁するために奮起していたことを告白した。

 この日は、半年ほど前に俳優の野村祐希と破局したタレントのIVANがゲスト出演。そこで田中から「みんなが知ってる公の関係からの『お別れする』ってめっちゃ辛くないですか?」と、経験者ならではの質問を展開。これに対してIVANは「辛いですよね」と返答。すると、田中も「つらかった。立ち直るのは‥‥」と、藤森との破局を振り返ることに。

「IVANさんから立ち直るのに要した期間を聞かれた田中さんは『2年かかったもん』と答えていました。それよりも視聴者を驚かせたのは、田中さんが藤森さんと復縁したくて、お寺に行ったり占いに頼ったり、やれることは全てやったというようなエピソードのほうでしたね」(女性誌ライター)

 どうしても藤森と復縁したかったという田中は、まさに神頼み状態だった様子。4万円もしたという料金を払って受けた占いというのが、藤森の年齢プラス1個の大豆、自分の年齢プラス1個の小豆をそれぞれ巾着袋に入れて、地元の川に流すようにするというもの。それも実行したのだとか。

「それでも復縁できなかったことは皆さんもご存じの通りで、田中さんも『時間が解決してくれた』といたって普通の結論に達していましたが、過去の恋愛へのヘビー級の執着ぶりに、聞いていた視聴者はあ然だったようです」(前出・女性誌ライター)

 出演者たちからも笑いがもれた復縁画策エピソード。視聴者からは「元カノが同じことやってたら背筋が凍る」「わら人形方面じゃなくてよかった」「自分をそんなに好きなんだと喜ぶ男もいるかもしれないけど、すぐに逃げ出したくなる男もいると思う」など、様々な意見が。加えて、今もこんなエピソードを話す田中に対し「そのしつこい性格だから逃げられたんでしょ」「実は全然吹っ切れてないんとちゃう?」とぶった斬るようなコメントも散見したとか。

 現状の恋バナは知らないけれど、一部からはそろそろお腹いっぱいという声も少なくない藤森とのエピソードが、彼女の口から出なくなる日は来るのか、来ないのか。

(小机かをる)

関連リンク

  • 10/19 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます