「釣った魚にはエサをやらない男」にありがちな行動9パターン

女性を口説き落とした途端に豹変し、それまでの情熱的なアピールが嘘のように少なくなる「釣った魚にエサをやらない男」。真面目に付き合っているつもりでも、知らず知らずのうちに女性をがっかりさせていたとしたら、二人の間に亀裂が入りかねません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「『釣った魚にエサをやらない男」にありがちな行動9パターン」をご紹介します。

【1】さんざん言ってた「好き」「愛してる」「可愛い」がなくなる
「『ねえ、本当に私のこと好きなの?』と聞いてもウザそうにする」(20代女性)というように、口説き落とした途端に愛の言葉がなくなるパターンです。愛情を表現するセリフが少なくなったと指摘されたときはあれこれ言い訳せずに、「もちろん大好きだよ」と素直に返すのがベターです。

【2】メールの頻度ぐっと少なくなる
「付き合う前にやたらメールが多い男は要注意ですね」(20代女性)というように、口説き落とした途端にメールが少なくなるパターンです。「SNSでつぶやくときには、同時に彼女にメールを入れる」など、連絡するタイミングを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

【3】以前はおごってくれてたのに、割り勘や立て替えが増える
「だいたいこの手の男はダメ男ですね」(20代女性)というように、口説き落とした途端に財布のひもが固くなるパターンです。「将来を考えてるから今は贅沢しない」「普段は節約して旅行に行こう」など理由を述べるようにすると納得してくれるかもしれません。

【4】待ち合わせ場所や解散場所が、彼の都合の良い場所に変わっていく
「最初の頃は『心配だから』と家まで送ってくれたのに」(20代女性)というように、口説き落とした途端に集合・解散場所が自分本位になるパターンです。交際前に相手をお見送りする場合は、それが付き合ったあともずっと続くという覚悟で臨みましょう。

【5】以前は出歩いていたのに、家デートばかりになる
「一人暮らしをしている男にありがち。しまいに『○○買って来て』とパシリにされる」(20代女性)というように、口説き落とした途端、家デートが増えるパターンです。どうしても家デートが増えるのであれば、自炊料理を振る舞うなどの手間暇をかけましょう。

【6】ファッション、メイク、スタイルへのダメ出しが増える
「付き合う前はなんでも褒めてたのに」(10代女性)というように、口説き落とした途端彼女へのダメ出しが増えるパターンです。「ここが可愛いから、もっとこうした方がいい」と褒めつつ、さらに可愛くなる提案をワンセットにすると良いでしょう。

【7】会えない理由が「最近仕事が忙しい」「疲れている」になる
「以前は会う時間がなくても『会うと疲れが吹き飛ぶ』と言って無理にでも会おうとしてたのに」(30代女性)というように、口説き落とした途端仕事が忙しくなったり、疲れてたりするパターンです。「添い寝するだけでもいい?」とせめて会う提案をしてみてはいかがでしょう。

【8】ベタベタしていたのに、手すらつながなくなる
「私が甘えても『誰が見てるかわかんないだろ』とか言い出す始末」(20代女性)というように、口説き落とした途端、スキンシップが減るパターンです。ずっとベタベタするのは無理だとしても、人目のないところでイチャイチャするなどメリハリを付けてみてはいかがでしょう。

【9】見つめ合ったりすることが極端に減る
「最近、話している時に目をあわせてくれなくなった」(20代女性)というように、口説き落とした途端、見つめ合う機会が減るパターンです。特にケータイやテレビ、ゲーム画面を見ながら話をするのはもってのほか。知らず知らずのうちに目をそらしていないかセルフチェックしましょう。

「釣った魚にはエサをやらない男にありがちな行動」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/19 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます