真に受けちゃダメ!ズルい男子の思わせぶりな行動9パターン

グイグイ押してくるでもなく、付かず離れずの微妙な距離で、ちょくちょくちょっかいを出してくる男性に心当たりはありませんか?うっかり好きになってしまいそうですが、思わせぶりな態度でこちらを振り回して楽しんでいるだけかもしれないので、警戒したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「真に受けちゃダメ!ズルい男子の思わせぶりな行動」をご紹介します。

【1】メッセージにさらっと「ハートの絵文字」を挿入する
「恋人でもないのに使われるとドキッとする」(10代女性)というように、メッセージにしれっとハートを入れる手口です。相手のノリに合わせて自分も使うと、いちゃついた雰囲気になってしまうので、「ちょっとかわいい句読点」くらいに受け止めて、軽く流したいところです。

【2】実現に向けて動く気がないくせに食事に誘う
「『また今度ね』っていつだよ、そりゃ!」(20代女性)というように、社交辞令で食事に誘う手口です。あまりにくり返すようなら「そう言って一度も誘ってこなかったよね」と鋭く切り返して、ゲームオーバーを告げてしまいましょう。

【3】まるで家族や彼氏のように「下の名前」で呼び捨てする
「馴れ馴れしいけれど、そういうのに引っかかっちゃう女はいるからなー」(20代女性)というように、さほど親しい間柄ではないにもかかわらず下の名前で呼ぶ手口です。不快であれば「彼氏からでも呼び捨ては不愉快」と冷や水を浴びせましょう。

【4】さっとドアを開けるなど、お嬢様扱いばりにエスコートする
「普段、彼氏から適当に扱われていると、こういうのでキュンとしてしまいがち」(20代女性)というように、レディーファーストで丁寧にエスコートする手口です。居心地が悪かったら「ここ日本だからそういうのいらない」とはっきり言い渡してもよいでしょう。

【5】誕生日でもないのに気まぐれに花束をプレゼントする
「もらっても負担が少ない、嬉しいツボを心得てるよね」(20代女性)というように、何の記念日でもないのに花束をプレゼントする手口です。「そんな手に引っかからない」とアピールしたければ、羨ましがる女友達にその場であげてしまいましょう。

【6】みずから進んで弱みを見せて、母性本能をくすぐろうとする
「聞いてもいないのに自分からトラウマを話し出したりすると、普通の女の子はかわいそうに思うんだろうな」(10代女性)というように、突然弱みや悩みを打ち明ける手口です。ウザければ、いっそ「よくある話だね」と適当に聞き流すと、大きなダメージを与えられるでしょう。

【7】「ちょっと飲ませて」と気軽に頼んで間接キスに持ち込む
「反応を見て『こいつはいけるかどうか』を判断してるんだと思う」(10代女性)というように、それとなく間接キスに持ち込む手口です。最後のひと口だけ残して「もういらないから、あと全部あげる」と突き放すとよいかもしれません。

【8】自分も彼女がいたりするくせに「彼氏と別れたら付き合って」と迫る
「このタラレバ話には本当にうんざりします」(20代女性)というように、ありえもしない条件で告白風のセリフを吐く手口です。「本当に好きなら、彼女と別れて、彼氏から私を奪うよね?」とリップサービスであることを認めさせてやりましょう。

【9】普段は音信不通なのに、半年に一度くらい近況うかがいの連絡を入れる
「ひとしきり話は盛り上がるんだけど、『近いうちに飲みに行こう』でまた半年くらい連絡がなくなる」(20代女性)というように、気まぐれで連絡を入れる手口です。久しぶりの連絡に浮かれることなく、第一声は「え、誰?」でマウントを取りましょう。

あまりつれなく対応すると「絶対に落としてやる」と相手がムキになって口説いてくる場合もあります。それも遊びである可能性が高いので、真に受けずに様子をじっくり観察するのが良い対処法であると言えるでしょう。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/19 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます