「それ言っちゃおしまいだぜ...」別れを招く4つのセリフ

拡大画像を見る


大好きな彼とは、ずっとラブラブなカップルでいたいですよね。男性は女性のちょっとした発言がきっかけで、別れを考えることもあるようです。いったいどんなセリフに注意したらよいのか、チェックしていきましょう。


「もう別れる」

ケンカになったときに、すぐに「別れる」と言うのはNGです。感情的になると、そんなつもりがなくても別れを切り出してしまうこともあるでしょう。しかしケンカになるたびに「別れる」と言っていては、男性は呆れてしまいます。繰り返しているうちに、彼は「本気で別れたい」と思ってしまうかもしれません。


「もういい!黙って!」

言い合いになったとき、会話もしたくない気分になることだってありますよね。しかし多くの男性は、建設的な話し合いができない女性に苦手意識を持っているようです。あなたが「黙って」と言えば、彼は何も言えなくなってしまうでしょう。「話し合いにならない」と感じて、関係の改善が見込めないと判断されてしまうかも。


「その服似合わないね」

男性は女性の何気ない一言にも、深く傷つくことがあります。とくにファッションセンスや見た目に関することは、傷つけやすいポイントの様子。彼にとっては一生懸命選んだデート服なのに「似合ってないね」と言われたら、ショックを受けてしまうでしょう。たとえ冗談だったとしても、せっかくおしゃれをしてくれた彼を傷つけてしまいます。「人が傷つくことを平気で言う子なんだ」と思われて、彼の熱が冷めてしまうかも。


「ダサい」

男性のプライドを傷つける言葉にも要注意です。「ダサい」「かっこ悪い」といったストレートな言葉は、男性の自尊心を下げてしまうかも。彼が「男として否定された」と感じれば、あなたに対する愛情も冷めてしまうでしょう。
今回は、別れを招くセリフについて4つご紹介しました。発言には充分に気をつけて、円満な関係を築いていきたいですね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/19 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます