つばきファクトリー、初の単独武道館ライブ 「私たちの勢いはまだまだ止まりません」

 ハロー!プロジェクトの12人組アイドルグループ・つばきファクトリーが18日、単独初の日本武道館公演『つばきファクトリー コンサート2021「CAMELLIA〜日本武道館スッペシャル〜」』を開催。この日は7月に新加入した河西結心、八木栞、福田真琳、豫風瑠乃の4人がステージデビュー。約6000人の観客を前にメドレーの7曲含む全25曲を披露し、グループのリーダー・山岸理子は涙ぐみながら決意を新たにした。

 2015年4月のグループ結成から約6年半、念願のステージは新メンバー含む12人全員でのメジャーデビュー曲「初恋サンライズ」のパフォーマンスからスタート。コロナ禍で歓声を上げられない観客たちは、彼女たちの登場を盛大な拍手で迎え入れた。

 続いて、新体制として初のリリースとなる11月17日発売の最新シングル曲「ガラクタDIAMOND」を初披露。「低音火傷」「ふわり、恋時計」を歌い上げたメンバーたちはMCを展開する。

 結成当時を知るオリジナルメンバーの山岸は「目標であった単独での日本武道館のステージに立てたことを心から感謝します。ありがとうございます」とファンへ感謝。

 一人ひとりの自己紹介では、新メンバーがフレッシュなあいさつを見せる一方で、貫禄あるオリジナルメンバーも力強くアピール。その1人である岸本ゆめのは「自称・熱血担当として、120%でぶつかりたいと思います!」とパワフルに宣言した。。

 パフォーマンスはオリジナルメンバーの8人に託され、「春恋歌」「意識高い乙女のジレンマ」と展開。メドレーでは「青春まんまんなか!」「気高く咲き誇れ」「独り占め」「Just Try!」「笑って」「就活センセーション」「I Need You 〜夜空の観覧車〜」の7曲を彩り豊かに見せた。

 軽快なリズムの「ハッピークラッカー」が終わり、ステージを任されたのは、曲の途中から合流した新メンバーの4人。河西が「こうしてコンサートが進んでも、まだ緊張感で地に足がつかないような心境なのですが、最後までしっかりとつばきファクトリーのメンバーとしてパフォーマンスしたいと思います」とあいさつし、それぞれ“好きな花”と“花言葉”も発表した。

 幸福を告げる「カランコエ」を選んだのは八木。みんなを惹きつける「スノーフレーク」と答えたのは福田で、豫風は「前身」を花言葉に持つ「ガーベラ」を選択。「コスモス」を選んだ河西は、はにかみながらその花言葉は「乙女の恋心」と伝えた。

 新メンバー4人が「うるわしのカメリア」を披露し、彼女たちと入れ替わりでステージに登場したのはオリジナルメンバーの8人。「愛は今、愛を求めてる」「恋のUFOキャッチャー」「光のカーテン」を3曲続けて披露。

 MCで「これまでハロー!プロジェクトのコンサートでは、この日本武道館に何度か立たせていただいたことはありますが、今日ここから見える景色は、いつもとはちょっと違う特別な感じがしています」と伝えたのは新沼希空。トークは、それぞれが「武道館公演に向けて取り組んだこと」へ展開する。

 リハーサル中に「周りのいいところをいっぱい吸収しよう」と、レッスン動画などを振り返る際に「自分だけを見ない」ようにしていたのは小野瑞歩。秋山眞緒は「人生で初めてお味噌汁を自分で作りまして。毎朝食べてリハーサルへ挑んでた」と独自のゲン担ぎをしていたと明かし、ジムに通い始めたという岸本は「つばきファクトリーのメンバーみんなで筋トレはよくするんですよ。ただ、お家に変えると継続できないタイプなので通っちゃおう」と思い、本番へ臨んでいたと語った。

 さらに、この日17歳の誕生日を迎えた福田は「こんなにたくさんの方々と過ごせた誕生日は初めてだったので。本当に幸せな日になりました」と話し、客席も盛大な拍手で祝福した。

 ライブも後半戦へ突入し、ステージに再び新メンバー含む12人全員が集結。最新シングルから「約束・連絡・記念日」を初披露し、「断舎ISM」「表面張力〜Surface Tension〜」「足りないもの埋めてゆく旅」を力強く歌い、本編を締めくくった。

 客席からの手拍子を受け、ステージへ戻ってきたグループはアンコールへ。最新シングルからの初披露曲「涙のヒロイン降板劇」を歌い上げ、メンバーそれぞれ当日の感想を口にした。

 新メンバー豫風は「初めての武道館ですごい緊張したし、楽しみだったんですけど。みなさんと最高の思い出が作れることができて本当によかったです」と安堵し、福田は改めて「最高の誕生日になりました」と感謝。八木は「これからも私の魅力をみなさんにたくさんお見せできるように頑張ります」と意気込み、河西は「武道館での目標が『楽しんでパフォーマンスする』でした。もっと成長するために目標を高くしていきます」と語った。

 オリジナルメンバーもそれぞれ語り、小野は「私の人生の中でつばきファクトリーというグループに、すべてのメンバーやみなさんに出会えたこと、本当に幸せだなと今感じています」と吐露。岸本は涙ぐみながら「この日本武道館に、私たちメンバーだけでは絶対に来ることができませんでした。今日は、私たちがみなさんを連れてきたわけではなく、連れてきてもらったでもなく、みなさんと一緒に来れた。そんな気がしています」と熱いメッセージを届けた。

 目頭を熱くさせた新沼は「絶対夢だったこの武道館というステージ。みなさんと叶えることができて、一生の宝物になりました。私たちの勢いはまだまだ止まりません」と決意表明。途中で涙ぐんだ山岸は「日本武道館公演が決まったとき、私がつばきファクトリーに選ばれた日を思い返しました。結成から今までメンバーのみんなと、ファンのみなさんと、とても濃い時間を過ごせたなと思います。これからも応援してもらいたいと思ってもらえるようなグループになれるよう、頑張っていきたいと思います」と宣言した。

 最後は「今夜だけ浮かれたかった」「マサユメ」を2曲続けて熱唱。観客たちへの感謝を精一杯に伝えたメンバーたちは、ステージをあとにした。

<セットリスト>
1. 初恋サンライズ
2. ガラクタDIAMOND
3. 低音火傷
4. ふわり、恋時計
5. 春恋歌
6. 意識高い乙女のジレンマ
7. メドレー
青春まんまんなか!
気高く咲き誇れ
独り占め
Just Try!
笑って
就活センセーション
I Need You 〜夜空の観覧車〜
8. ハッピークラッカー
9. うるわしのカメリア
10. 愛は今、愛を求めてる
11. 恋のUFOキャッチャー
12. 光のカーテン
13. 約束・連絡・記念日
14. 断舎ISM
15. 表面張力〜Surface Tension〜
16. 足りないもの埋めてゆく旅
~アンコール~
17. 涙のヒロイン降板劇
18. 今夜だけ浮かれたかった
19. マサユメ

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 23:43
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます