「ラジエーションハウスII」3話 浜野謙太“軒下”の恋の結末に感動の声続々、“タイタニックオマージュ”も話題に

拡大画像を見る

「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」の3話が10月18日オンエア。浜野謙太演じる軒下と堀田真由演じるすみれとの恋、その“結末”に「全俺が泣いた」など感動の声が集まった。ラストの“タイタニックオマージュ”も話題を呼んでいる。

「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名人気コミックを原作に、2019年の前シリーズから約2年を経て帰ってきた本作は、窪田さん演じる“写真には必ず真実が映る”と信じる診療放射線技師・五十嵐唯織が“ラジエーションハウス”の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救っていく物語。

窪田さんのほか、五十嵐が幼いころから想い続けてきた放射線科医の甘春杏を本田翼が演じ、前回杏に告白した唯織の“恋のライバル”でもある整形外科医の辻村駿太郎に鈴木伸之。唯織のことを密かに想っている放射線技師の広瀬裕乃に広瀬アリス。

脳のMRI検査が得意で、マッチングアプリを愛用している軒下吾郎に浜野謙太。完璧さを追求する独身の中堅放射線技師、黒羽たまきには山口紗弥加。数々の職を転々としてから放射線技師になった田中福男には八嶋智人。ナルシストキャラの威能圭に丸山智己。医療器具などのメカオタクな悠木倫には矢野聖人。技師長の小野寺俊夫には遠藤憲一。彼らが勤務する甘春総合病院副院長の鏑木安富には浅野和之。前院長の大森渚には和久井映見。新院長の灰島将人には高嶋政宏といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

軒下はマッチングアプリで知り合った女性からデートの約束をすっぽかされ荒れる。そんななか軒下は右足にギプスをはめた入院患者・荒井和真(萩原利久)のレントゲン検査を担当。すると和真に付き添っていた宮本すみれ(堀田真由)が軒下のIDを見て声をかけてくる。実は軒下とのデートをすっぽかしたのはすみれだった。和真がスケートボードの練習中に転倒してケガをしたと聞き、病院まで付き添ったせいでデートに行けなかったと軒下に謝り、「埋め合わせがしたい」と言って軒下をデートに誘う。すみれとデートしたことで有頂天になる軒下だが、すみれは人の顔が識別できない相貌失認だった…というのが今回の展開。

すみれの脳を検査した結果、良性の腫瘍が見つかり手術が行われる。目覚めたすみれは人の顔がわかるようになっていたが、彼女のもとに現れた軒下は別人のフリをする。五十嵐は軒下からの伝言としてすみれに“本当の夢をかなえて欲しい”と伝え、すみれは小学校教師に戻ることを決意する…というラストだった。

相貌失認だったことで諦めかけていた夢を叶えてもらうため、あえて身を引く決断をした軒下に「まさか、軒下さんに泣かされそうになるとは思わなかった 」「軒下良い奴過ぎたし普通にいい話だったし、全俺が泣いた。」「軒下さん幸せになっとくれー…いい男だったよ。」など感動の声が続々と集まる。

その後、軒下はすみれのために買っていた指輪をゴミ箱に捨てるのだが、その際の“捨て方”に映画『タイタニック』を連想した視聴者も。「ラストの軒下先生が捨てるシーンは多分タイタニックのオマージュだと思う」「タイタニックでおばあちゃんがあのでっかい宝石海に投げたシーンのオマージュ??」といった反応が寄せられている。



(笠緒)

関連リンク

  • 10/18 22:55
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます