PSG、ネイマールが内転筋の問題でCLライプツィヒ戦を欠場へ

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)は18日、19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節ライプツィヒ戦に向けての負傷者情報を発表した。

 発表によると、ブラジル代表FWネイマールは代表活動から復帰して以来、内転筋の痛みに悩まされている模様。グループに復帰するまで、さらに数日の治療期間を要するようだ。

 また、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスは代表活動中に右足の大腿四頭筋を負傷した。11月の代表ウィーク後の復帰が見込まれている。

 今夏にレアル・マドリードから加入したものの、負傷の影響でデビューがお預けとなっているスペイン代表DFセルヒオ・ラモスもライプツィヒ戦を欠場する予定だ。全体練習への復帰を目指して、個人トレーニングをあと数日続けることになるという。

 PSGはマンチェスター・Cやクラブ・ブルージュも同居する“死の組”で現在、1勝1分の首位に立っている。

関連リンク

  • 10/18 23:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます