つばきファクトリー、新メンバー4人含む新体制で初有観客ライブ<「CAMELLIA~日本武道館スッペシャル~」セットリスト>

【モデルプレス=2021/10/18】「ハロー!プロジェクト」つばきファクトリー(山岸理子、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの、浅倉樹々、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒、河西結心、八木栞、福田真琳、豫風瑠乃)が18日、都内で『つばきファクトリー コンサート2021「CAMELLIA~日本武道館スッペシャル~」』を開催した。

◆つばきファクトリー、新メンバー4人含む新体制で初有観客ライブ

つばきファクトリーにとって、有観客での12人体制のライブパフォーマンス、そして単独での武道館公演は、この日が初めて。センターステージを使用して、メンバーを約6000人の観客が360度囲んだライブは、メジャーデビューシングルの「初恋サンライズ」で幕を開けた。

MCでマイクを握ったリーダーの山岸は「目標であった、単独での日本武道館のステージに立てたことを、心から感謝します。ありがとうございます!」と喜びのコメント。「思いのすべてを、このステージで表現したいと思いますので、最後まで、皆さん、大きな拍手と手拍子で、楽しんでいってください!」と会場を盛り上げた。

新メンバー4人のMCでは、それぞれが「好きな花とその花言葉」を発表することに。八木は「好きな花は、カランコエという花です。花言葉は『幸福を告げる』です!」と言い、福田は「スノーフレークです。花言葉は『みんなを引き付ける魅力です』」とコメント。豫風は「好きな花は、ガーベラ。花言葉は『常に前進』です!」と明かし、河西は「コスモスです。花言葉は『乙女の恋心』です」と照れ笑い。

また、ライブ当日に17歳の誕生日を迎えた福田は「こんなにたくさんの方々と過ごせた誕生日は初めてだったので、本当に幸せな日になりました。ありがとうございます!」とにこやかに語った。

12人のメンバーは、おなじみの楽曲に加えて、11月17日に発売となるトリプルA面シングル「涙のヒロイン降板劇」「ガラクタ DIAMOND」「約束・連絡・記念日」など、全25曲を熱唱。新メンバーの福田、河西、豫風、八木も、オリジナルメンバーとともに、武道館のステージを所狭しと駆け回り、会場の観客を魅了していた。

つばきファクトリーは、2015年4月にハロプロ研修生内ユニットとして結成し、2017年2月にメジャーデビュー。同年に「第50回 日本有線大賞 新人賞」「第59回 日本レコード大賞 最優秀新人賞」を受賞した。今年7月には4人の新メンバーが加入し、12人体制となった。(modelpress編集部)

◆『つばきファクトリー コンサート2021「CAMELLIA~日本武道館スッペシャル~」』セットリスト

~オープニング~
M1「初恋サンライズ」
M2「ガラクタ DIAMOND」
M3「低温火傷」
M4「ふわり、恋時計」

M5「春恋歌」
M6「意識高い乙女のジレンマ」
M7メドレー「青春まんまんなか!」
「気高く咲き誇れ!」
「独り占め」
「Just Try!」
「笑って」
「就活センセーション」
「I Need You ~夜空の観覧車~」
M8「ハッピークラッカー」

M9 「うるわしのカメリア」
M10「愛は今、愛を求めてる」
M11「恋のUFOキャッチャー」
M12「光のカーテン」

M13「約束・連絡・記念日」
M14「断捨ISM」
M15「表面張力~Surface Tension~」
M16「足りないもの埋めてゆく旅」

~アンコール~
EN1「涙のヒロイン降板劇」
EN2「今夜だけ浮かれたかった」
EN3「マサユメ」

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/18 21:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます