サバを求めて120kmサイクリング! 星野リゾートが真冬のチャレンジ企画開催

拡大画像を見る

 星野リゾートは12月1日~2022年2月28日の期間、同社が運営する自転車を楽しむホテル「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」において、サバを求めて真冬の120kmサイクリングに挑む「サバイバルサバイシクル」を開催する。1名あたりの料金は5500円。
 

 サバイバルサバイシクルは、極寒の霞ヶ浦湖畔や、茨城県鹿嶋市にある迷路のような鹿島工業地帯を走り抜け、太平洋に面する鹿島港を目指す、往復12時間、120kmのサバイバルなサイクリング。冬の霞ヶ浦湖畔は筑波山からの強く冷たい風が吹くことから、サイクリストでも行く事をためらうほど過酷なコースとなっている。
 同行程を走るために使用するのは、自転車とクーラーボックス、釣り竿を入れるロッドホルダーを一体化した、サバ釣り専用自転車「サバイシクル」で、変速機がないためスピードは時速10km程度とサバが泳ぐ速度ほどでしか走れず、走行中はサバヘルメットを着用するので、よりサバの気分を味わいながら走れる。
 サイクリング中の栄養補給には鯖寿司を用意しているので、往復120km道のりも栄養満点のサバを食べてがんばれる。
 鹿島港に到着したら、サビキ釣りによるサバ釣りに挑戦する。サバ釣りに使用する仕掛けは、1人あたり3セットまでで、限られたチャンスの中で見事釣ることができたサバは、サバイシクルに積んで持ち帰り、土浦駅周辺の飲食店で食べることができる(調理・食事代は別途)。
 「星野リゾート BEB5土浦」への宿泊者のみ参加が可能で、料金にはサバイシクル(自転車、ヘルメット、クーラーボックス、ライフジャケット、釣り具セット)と鯖寿司が含まれる。宿泊予約後、電話で1週間前までの予約が必要となる。定員は3名で、最小催行人数は1名。

関連リンク

  • 10/18 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます