「消えた初恋」Snow Man目黒蓮、話題の“井田ポン”シーン裏側に反響「努力の賜物」「こんな可愛い真実が…」

【モデルプレス=2021/10/18】なにわ男子/関西ジャニーズJr.の道枝駿佑とSnow Manの目黒蓮がW主演を務める、テレビ朝日系オシドラサタデー「消えた初恋」(毎週土曜よる11時30分~)を担当する草野翔吾監督が17日、自身の公式Twitterを更新。16日放送の第2話で注目を集めたシーンの裏側を明かした。

今作は、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中の「消えた初恋」を初めてドラマ化。クラスメイトの橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)がひょんな事から硬派な男子・井田(目黒)に恋していると勘違いされ、恋模様が錯綜するという異色の初恋ラブコメディ。

◆目黒蓮、“井田ポン”シーンの裏側

第2話では、自動販売機の前で落ち込む青木(道枝)に対し、井田(目黒)が「あんま気にすんな」と、頭をポンポンした行動がSNS上で話題に。

放送後、ドラマ公式Twitterでは「ここだけ話 監督と目黒さんでポンのシミュレーションを何度も行いたどり着いた究極のポン」とそのシーンの場面カットが投稿された。

草野監督はこのツイートを引用し、「このツイートだとまるで僕が目黒くんにポンされた(orその逆)と誤解されそうですが、違います。ひたすら自分で自分の肘をポンポンして見せ、目黒くんも試行錯誤しながら自分の肘をポンポンしていた不思議空間です」とコメント。さらに「#井田ポンの真実」というハッシュタグも添えられている。

◆目黒蓮の“井田ポン”裏話に反響続々

ドラマの放送を見たファンからは「こんな可愛い真実が…」「努力の賜物だったんですね!」「見る度にキュンキュンする」「目黒くんと監督がこだわってできた素敵なシーン」と反響が寄せられた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/18 19:12
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます