熊澤風花(Task have Fun)[アザーカット&インタビュー]海外遠征で築いた揺るぎない結束「同じ方向を向いて、3人で頑張ろうって思ったのがフランスだったと思います」

メンバーの性格がそれぞれ異なっているというTask have Fun。そんな3人が改めて気持ちを1つにし、同じ方向を向いて活動していくことを決意したきっかけとなった2019年のフランス遠征を、熊澤風花が振り返る。

インタビュー:竹内伸一
撮影:江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)
ヘアメイク:砺波喜子
スタイリング:馳尾潤子(Jstyles)

ちょっとずつ本音を言い合うようになって、改めて気持ちが1つになって気合いが入りました

ーーTask have Funとしてのデビューの準備をしていた時期は、中学生だったと思いますが、いろいろなことに興味を持つ時期でもありますよね? アイドル以外のことに興味が向いたことはありませんでした?

熊澤:
それはなかったですね。ちょっと反抗期が重なったりはしましたけど。中学2年の時は、グループの活動が本格的に始まるという環境の変化や、それによって普通の部活の子よりも勉強する時間もなくて、そんな状況で受験勉強はどうしたらいいんだろうと思って、自分の中でテンションが低い時期ではありました。でも、辞めたいとは思わなかったですね。

ーーTask have Funのデビューライブはいかがでした?

熊澤:
3人なんで少ないな、ステージに人があんまりいないなって(笑)。ダンスの先生からは“メンバーが少ないから、大きく動いてみよう”って言われてはいたんですけど、実際にステージに立ってみて実感したというか。でも、3人だから大きく動こうって意識したことが、今“ダンスに迫力がある”って言ってもらえていることにつながっているのかなと思います。それは3人だからこそよかった部分だと思っています。

ーー3人だからこそ、続けてこられた部分も大きいですか?

熊澤:
そうですね。女の子の奇数って、難しい部分もあると思うんですよ。あの2人とだったから続けてこられたんだと思います。5年経った今でも、変に気を遣い合っている部分もあるんです。でも、だからこそ、やりやすい関係を築けたと思います。誰かが悩んでいたら助けてあげる……言葉では言わないんですけど、お互い恥ずかしいので(笑)。“頑張ろうよ!”みたいなことは言わないんですけど、やりやすい方法を行動で示してあげる……それは、2人とだからできることなんじゃないかなって思います。

ーーお互いにフォローし合えるようになったのは、いつ頃からですか? 最初からそういう感じだったんでしょうか?

熊澤:
最初から気を遣い合う感じではあったんですけど、デビューして3年目くらいから、ちゃんと本音を話し合える仲になったと思います。これがきっかけだなって思う瞬間があって。フランス遠征(2019年7月)に行った時なんですけど、それまでは仲はよかったけど、気を遣い合って、そんなに本音は話さない、そんな感じだったんです。でも、フランスに1週間くらいいて、海外ということもあって一緒に過ごす時間がすごく多かったんです。その時にちょっとずつ本音を言い合うようになって。“私はグループのことをこう思っているんだよね”“私は実はね……”みたいなことで、すごく仲が深まったなって思います。改めて気持ちが1つになって気合いが入ったような気がしますね。それぞれに頑張っていたんですけど、同じ方向を向いて、3人で頑張ろうって思ったのが、フランスだったと思います。

ーーフランスでは、具体的にどんなことを話したんですか?

熊澤:
“どういうグループにしていきたいのか”っていうことを話したんです。それで、3人の性格的にすっごく大きな目標を掲げてしまうと、“大丈夫かな……”ってネガティブ思考になってしまうので、まずは目の前のことを1つひとつやっていこう、それをクリアしたら大きな目標を立てようっていう話をしたと思います。

ーーグループの進むべき方向を3人で確認したわけですね。

熊澤:
そうですね。

本記事は、『PnR』vol.1収録インタビューをもとに再編集した特別編です。

本の質感だからこそ伝えられる美しさ 写真集のように写真1点1点を大きく掲載!

熊澤風花(Task have Fun)のインタビューを全編収録した『PnR』vol.1、全国の書店、WEB書店、レコードショップなどで発売中。

表紙&巻頭の26時のマスカレイドの来栖りんをはじめ、熊澤風花(Task have Fun)、寺坂ユミ(純情のアフィリア)、村田実果子(BLACKNAZARENE)、西葉瑞希、篠原みなみ、そよんが登場。

それぞれ20ページ前後のボリュームで、撮り下ろし写真とともに、これまでの人生をじっくりと振り返った約10,000字のインタビューを掲載。

今、大きな輝きを放っているアイドル、グラビアタレント、コスプレイヤー、女優の素顔や生き様を、美しい写真とロングインタビューで赤裸々にお届けする1冊。

『PnR』vol.1
発売日:2021年9月29日(水)
仕様:A4判/144ページ(オールカラー)
価格:1,980円(税込)

■出演
来栖りん(26時のマスカレイド)
熊澤風花(Task have Fun)
寺坂ユミ(純情のアフィリア)
村田実果子(BLACKNAZARENE)
西葉瑞希
篠原みなみ
そよん

関連リンク

『PnR』vol.1Amazon販売ページ『PnR』vol.1楽天ブックス販売ページ『PnR』vol.1タワーレコード オンライン販売ページ

惜しくも誌面には掲載されなかった秘蔵写真を使用! 10/28までしか買えない期間限定プレミアムアイテム

熊澤風花(Task have Fun)の本書アウトテイク写真を使用したパネル、アクリルパネル、アクリルキューブが発売中。パネルとアクリルパネルは大型 A2サイズで、タレント本人のサイン付き。全アイテムが、2021年10月28日(木)までの期間限定の完全受注販売。

■■■直筆サイン入り特大A2アクリルパネル■■■
価格:各¥55,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×5mm)/1,700g

■■■アクリルキューブ■■■
価格:各¥19,800(税込/送料別)
サイズ:120mm×120mm×20mm/500g
※サインは入りません。

■■■直筆サイン入り特大A2写真パネル
価格:各¥11,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×7mm)

■受注期間
2021年10月28日(木)23:59まで

■発送時期
本商品は2021年12月上旬以降の発送を予定しております。ご注文いただいたお日にちの順番に応じて配送を開始。地域によって配送状況が異なる場合がございますので、予めご了承ください。また、事前に個別での配送日のご案内や日時指定はお受けできません。

※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。

■注意事項
※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。
※キャンセル不可商品となります。
※お客様の都合によるお届け済みの商品のお取り替え、ご返品はご容赦願います。
※未成年者の場合は親権者の同意を得た上でご購入ください。
※アーティストのサインのみ、お客様の宛名の記入はございません。なお、サインを書き込む位置の指定はできません。
※サインはアーティストが自筆で記入するため、その過程において一部汚れや傷、折れが発生している場合がございます。返品・交換などの対応はいたしかねますので、ご了承ください。
※パネルは素材、印刷、加工の特性上それぞれ仕上がりが異なり、多少のかすれ、インクの写りなどに個体差ございますが、不良品ではございません。
※商品到着時に状態をご確認いただき、運送の上の都合によるキズ・へこみが見られる場合はまずは運送会社にお問い合わせください。

関連リンク

Pop'n'Roll ONLINE STORE(熊澤風花プレミアムグッツ販売)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 18:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます