名優ダニエル・デイ=ルイスとイザベル・アジャーニの息子が西部映画で本格デビュー

 アカデミー賞に3度輝く名優ダニエル・デイ=ルイスと、セザール賞を5度受賞しているフランスの名女優イザベル・アジャーニを両親に持つ、ガブリエル・ケイン・デイ=ルイスが、『Terror On The Prairie(原題)』で本格映画デビューを果たすことが明らかになった。

 Deadlineによると、本作は、問題発言が相次ぎ『マンダロリアン』を降板した、ジーナ・カラーノが主演と製作を務める作品。開拓時代を舞台に、築いた農場を無法者グル―プに襲われた開拓者一家が、悪者どもを撃退する様子が描かれる。ガブリエルは、一見無垢そうに見えるが悪意を内に秘めた無法者、ザ・キッド役を演じるという。

 メガホンを取るのは、『きみが還る場所』などのマイケル・ポリッシュ。保守系メディアの The Daily Wireがプロデュースを行い、ボルテージ・ピクチャーズが世界展開を担当する。現在米モンタナ州にて、撮影が行われているという。

 ガブリエルは、シンガー・ソングライターとして活動する傍ら、母イザベルとともに、エルメネジルド・ゼニアの春夏コレクションのキャンペーンに参加するなど、モデルとしても活躍。また、2002年に公開されたブノワ・ジャコ監督、イザベル主演の仏映画『Adolphe(原題)』に、子役として出演。2015年には短編映画『Boots』にも出演していた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 14:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます