ボタニカル系クラフトノンアルコール飲料「SOBER+」の炭酸飲み切りタイプが先行販売中


物産フードマテリアルが展開する、果汁とハーブ・スパイスを掛け合わせて開発されたクラフトノンアルコール飲料「SOBER+(ソバープラス)」。その新商品である炭酸飲み切りタイプ「SOBER+ Sparkling(ソバープラス スパークリング)」が、10月15日(金)よりMakuakeにて先行販売中だ。

濃縮タイプの「SOBER+」


「SOBER+」は、フルーツの自然な優しい甘みとハーブ・スパイスを贅沢に使いマリアージュさせた、全く新しいボタニカル系クラフトノンアルコール飲料。欧米のミレニアル世代を中心に起っている、お酒をあえて飲まない新トレンド「SOBER CURIOUS(ソバーキュリアス)」を背景に2020年11月に誕生した、水や炭酸水、紅茶などで割って好きなスタイルで楽しめる濃縮タイプの飲料だ。

「SOBER+ Sparkling」は炭酸飲み切りタイプ


今回新たな挑戦として、割らずにすぐ飲める炭酸飲み切りタイプ「SOBER+ Sparkling」を開発。清涼感を感じる炭酸と、体を温める効果があるとされるスパイスを使用したスパークリングタイプの新商品だ。

同商品は添加物不使用。砂糖を使わず果汁に含まれる甘味のみのため、自然な甘さを楽しむことができる。スパイスは、シナモン、花椒、クローブ、ジンジャー等を使用。飲み口がさわやかな炭酸ドリンクでありながら、寒い時期に体を冷やさない気づかいができるドリンクとなっている。

クラウドファンディングプロジェクト概要


Makuakeでのクラウドファンディングは、10月15日(金)~11月15日(月)の期間で実施中。プロジェクト名は「ノンアル時代の新提案!クラフトノンアルコール飲料SOBER+炭酸飲み切りタイプ」となっており、新商品の「SOBER+ Sparkling」のほか、濃縮タイプの「SOBER+」とのセット、「SOBER+ Sparkling」や「SOBER+」が美味しく飲める形状のオリジナルグラスも用意されている。詳細はMakuakeのプロジェクトページ内で確認を。

画像をもっと見る

  • 10/18 16:09
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます