青春×新感覚ホラー「ジャスト・ビヨンド」予告編、マッケナ・グレイスら注目俳優出演

拡大画像を見る

『gifted/ギフテッド』『キャプテン・マーベル』などで名を馳せたマッケナ・グレイスら注目の若手俳優が出演するディズニープラス オリジナル作品「ジャスト・ビヨンド 怪奇の学園」全8話が10月22日(金)より一挙配信開始。そのキービジュアルと予告編が解禁された。

本作は、R.L.スタインによる児童向けホラー文学「ジャスト・ビヨンド」(原題)の魅力はそのままに、現実世界の少し先にある驚きと刺激に満ちた世界を描いたアンソロジードラマ。

魔法使いやエイリアン、幽霊やパラレルワールドなど、エピソードごとに異なる個性豊かなキャラクターたちが、超自然的な環境の中で自分探しの旅を続ける様子を描くとともに、主人公たちがいじめや将来への不安といった、リアルな葛藤や苦難に向きあいながら成長していく姿に心動かされる異色の作品集となっている。

全8話のエピソードには、注目の若手俳優が集結。第1話には、マッケナ・グレイスが怪しい寄宿学校の謎に立ち向かう少女役で登場する。そして第6話には、リース・ウィザースプーン、ケリー・ワシントン主演で話題となった「リトル・ファイアー~彼女たちの秘密」に出演し、いまやファッションアイコンとしても人気のレクシー・アンダーウッドが登場。学校のクラスメイトと行った古い劇場で遭遇する怪奇現象に立ち向かう。

そのほかにも『チャイルド・プレイ』(2019)のガブリエル・ベイトマン、「リトル・ファイアー~彼女たちの秘密」のミーガン・スコットなど人気上昇中の若手俳優たちが顔を揃える。

配信開始にあたり、レクシーは「子どもの頃からR.L.スタインの本を読んでいます。このアンソロジーはホラーの要素もあるけど、より良い人間にどうすればなれるかということも学べます。どうすれば、人生に適応出来るかということをね」と語っている。

第6話出演 レクシー・アンダーウッド(中央)

ディズニープラス オリジナル作品「ジャスト・ビヨンド 怪奇の学園」は10月22日(金)よりディズニープラスにて独占配信。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/18 15:15
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます