『日本沈没』“愛”与田祐希の「彼氏ができたんです」にネット衝撃「もう俺沈没してる」

 俳優の小栗旬が主演する日曜劇場『日本沈没−希望のひと−』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が17日に放送され、乃木坂46の与田祐希扮する居酒屋店員の愛が、なじみ客の天海(小栗旬)と常盤(松山ケンイチ)に彼氏ができたことを報告すると、ネット上には「劇中だとしても痛い…」「もう俺沈没してる」といった反響が巻き起こった。

 本作は、1973年刊行された小松左京のベストセラー小説『日本沈没』に大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた“環境問題”を、現代に照らし合わせた人間ドラマ。2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で、人々が希望を見出していく姿を描いていく。

 田所博士(香川照之)の予測通り日之島が沈んだ。環境省の天海は対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島の沈没はただの地滑りだと否定。東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、国民に向けて改めて関東沈没の可能性を否定する。

 そんな中、田所から海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれた天海は、同期の経済産業省官僚の常盤にデータの入手を依頼。その後、なじみの居酒屋で酒を酌み交わしている最中、常盤は入手した海底調査のデータを天海に渡す。しかしデータを見た天海は、それが偽装されたデータかもしれないと突き返す。

 常盤は田所博士の主張に傾倒しているように見える天海を「関東沈没は田所博士の暴論だ!」と一喝。そんな中、テーブルに「どうしたんですか? 大きい声出して」と店員の愛がやって来る。険悪なムードを取りつくろおうとする天海と常盤に、愛はスマートフォンの写真を見せながら「それより! 見てくださいコレ! とうとう彼氏ができたんです〜!」と報告する。

 与田演じる愛の突然の報告に、ネット上には「彼氏が出来ただと!?」「愛ちゃんに彼氏だと!?」「か、彼氏ができただとぉぉぉ!?」などの声や「彼氏…劇中だとしても痛い…」「絶望」「彼氏が…ショック」といった投稿が殺到。さらに「自分は一足先に沈没しました」「オタク沈没じゃん」「愛ちゃん彼氏できたからもう俺沈没してる」などのコメントも相次いでいた。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 11:42
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます