玉木宏&吉田鋼太郎、八木莉可子の表現絶賛「それ以上の言葉ない」

【モデルプレス=2021/10/18】俳優の玉木宏が18日、都内で行われたイベントに、俳優の吉田鋼太郎、女優の八木莉可子とともに出席した。

◆玉木宏&吉田鋼太郎&八木莉可子、グラタンやハンバーグ満喫

3人が出演する新CMでは玉木がグラタン、吉田が麻婆豆腐、八木がハンバーグを口にし、その感想を一斉に喋ってしまうことから、それぞれがなんと言ったか聞き取りづらいというユニークな仕上がりになっているが、完成したCMを見た感想や、撮影時のエピソードを聞かれると、玉木は「美味しいものを美味しくいただいて、リアリティーのあるCMになっていると思います」と紹介。撮影現場の様子を聞かれると「あっという間に終わってしまった感じがありまして(笑)、本当に美味しくいただいて“これで終わりなんだ”って感じでした」と回顧した。

吉田は「元気が出るCMですね。3人同時に喋るところがすごくいいですね(笑)」と笑顔を見せ、八木は「早く食べたいという気持ちが強くて、CMの撮影中に思い切り頬張っちゃって、口の周りにソースがついちゃったことがあって、がっついちゃって恥ずかしかったんですけど、完成したものを見たら美味しそうに映っていたのでよかったです(笑)」と声を弾ませた。

イベントでは、旧商品と新商品の食べ比べを行う一幕もあり、エビグラタンを口にした玉木は、旧商品の味でも満足しつつ「口元に運ぶ時点で香りが違うなというのと、バターが多くなったりしているので、バターの香りが以前のものよりフワッと強く香るようになっていて、リッチな感じがしますね」とコメント。ハンバーグを口にした八木は「旧商品ももちろん美味しいんですけど、前のよりさらにお肉の旨味とか甘味とかがパワーアップしている感じがして、ナイフを入れた瞬間に肉汁が出てくるんですよ。見た目的にも映えていて本当に美味しいです」と頬を緩ませ、「インスタとかでもあげてほしいです。CM撮影のときも“すごい肉汁”ってびっくりしちゃって、見ていても美味しいです」とニッコリ。

パッケージの感想も求められた八木は「ファミマルのマルを印象付けた写真が美味しそうで、それでいてかわいらしくて、買い物するときも楽しくなりそうですね。とってもかわいらしく感じて、なんだろう…、なんて言ったらいいんだろう…、キュンとしました。言語化できないキュンを感じてしまいました」と表現すると、吉田は「それ以上の表現する言葉はないんじゃないですか」と絶賛し、玉木も「すごいですね。伝わりますね!」と感心していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/18 13:24
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます