【注意!】好きな男性に送ると失敗するサインとは?

拡大画像を見る


好きな男性には特別な人であるとサインを送りたいのに失敗するとかなりへこんでしまいます。失敗は考えるだけでもゾッとしますし、辛い気持ちにもなってしまいそうです。


すんなり、好きな男性に適切なサインが送れると良いのですが、簡単にピッタリくるとは限りません。

そこで今回は特別に好きな男性に送ると失敗するサインとは?等の情報をお送りしていきます。



失敗するのは悪いことばかりじゃない

好きな人に特別なサインを送るとしても失敗することは多々あることでしょう。しかし、失敗というのは時として、悪いことばかりではありません。自分の欠点を隠し、なるべく自分のことを取り繕っているよりも、あなたらしさが見えた方が好印象を与えることもあります。
好きな人の前で失敗するということは、ある意味「自分をさらけ出す」ということになり、自分を隠して他人行儀な女性であるよりも「より身近に感じられる存在という方が効果的だったりもします。


男性は逃げる生き物

特別に好きな男性に送ると失敗するサインとは、あまりに大胆で分かりやすすぎるものはNGです。男性は基本的に追われることを好みません。大胆に迫れば迫るほど、男性はその相手から逃げたくて仕方がなくなります。
あなたのことを悪く思っておらず、むしろ好意を抱いていたとしても、追われると急に嫌になったりするのです。
男性は、本能で追うことの方が好きでシックリくるものなのです。特別に好きという男性にサインを送る場合は、控え目にしないと失敗することになりますので、ゆっくりジックリと行っていきましょう。


目線を常に送る

好きな相手にはついつい目線を送ってしまうもの。目線を送るだけではなく、目で常に彼の姿を追ってしまいます。そうなると必然的に目が合う可能性が非常に高くなります。
気になる相手と目が合うのは悪い気分はしませんが、特に何も思っていない相手と頻繁に目が合うのは何となく不快になるものです。
適度に見て、適度に目が合うというのが理想的ですが、頻繁な場合は失敗といえます。


頻繁にLINEを送る

好きな女性からLINEがくれば嬉しいものです。
ですが、そこまで思っていない女性からメールが頻繁にくるのは迷惑以外のなにものでもありません。もちろん適度な回数で、適度な内容であれば負担にもならずに楽しくLINEのやり取りが出来ます。
好きだということを伝えたくて、日も空かずにしかも1日に何回もLINEをするをすると失敗に終わります。LINEが頻繁な場合は、失敗どころかウザいとさえ思われてしまいます。
しかも、これは直接的な行動で「サイン」を超えています。


会話の中での同意が多過ぎる

好きな人がいうことには何でも同意したいもの。
また、好きな人が話すことにはつい同調してしまいます。これは、嘘というわけではなく、自然と好きな人が話すことや好きな物などが自分も好きになってしまうのです。
ですが、これもいき過ぎると相手の男性にはウザいだけです。こうしたサインは大抵が失敗するものです。


まとめ

今回は特別に好きな男性に送ると失敗するサインとは?等の情報をお送りしました。
好きな男性には好意を示すサインを送りたいものです。また、意識的にサインを送らなくても、無意識にサインを送ってしまっていることもあります。ですが、そのサインが逆効果になってしまっている場合も少なくありません。
せっかくの好意のサインも失敗しては意味がありません。そこでここでのアドバイスを参考に失敗しない好意のサインを送りましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/18 13:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます