女性のソロ飲みにもおすすめ♪隠れ家風イタリアンバル「築地ロドルフォキッチン」

拡大画像を見る


野菜を食べて健やかに、ファッションを通じて気持ちもハッピーになれるような「野菜×おしゃれ」のポジティブな関係を、みなさんにお伝えしていく連載【「野菜×おしゃれ」で健やかビューティー】の第16回は、イタリアンバルの「TSUKIJI Rodolfo Kitchen(築地ロドルフォキッチン)」(東京・築地)と、スペイン発のファッションブランド「Desigual(デシグアル)」の銀座中央通り店です。

◆TSUKIJI Rodolfo Kitchen(築地ロドルフォキッチン)




東京メトロの築地駅から3分も歩かないうちに到着。新大橋通りに面して、店先に掲げられたイタリア国旗が目印です。通りに面してテラス席も用意されています。

「築地ロドルフォキッチン」はオープンからまだ4年目ですが、早くも常連ファンが集う店になりました。店内はウッディーでイタリアライクな雰囲気で、落ち着いた隠れ家風のたたずまい。自然とくつろいで過ごせます。

ふらっと訪ねたくなる、フレンドリーなムード。実際、カウンター席は常連のお一人様が好んで座るそう。女性のソロ飲みも多いのだとか。日曜・祝日に開いているのも、うれしいポイントです。


産地直送の野菜がメニューを彩ります。移転後も「市場」のイメージが残る築地らしい鮮度が魅力です。なかでも契約農場から取り寄せている鶏卵は目玉食材。「卵のピクルス」は自慢の品です。

バルならではの豊富なワインの品ぞろえは、料理のマリアージュを試したくなるほど。自然派(ビオ)ワインも充実。ヘルシーな食事との組み合わせが楽しめます。

リストランテ級に手の込んだ食事は、名店を経験したオーナーだからこそ。丁寧な味付けは、バルメニューの常識を超える奥深さ。パティシエでもある女性シェフが切り盛りするから、ドルチェの注文は欠かせません。名物の卵を生かした「レモンプリン」はレア物です。

レギュラーメニューのほかに、日替わりの黒板メニューに掘り出し物が待っています。小皿料理や前菜が充実しているので、序盤からワインが進みそう。ボリュームがありつつ、ヘルシーでやさしい食事は、野菜がしっかりとれる献立ぞろい。名前の通り、自宅のキッチン代わりに通いたくなる店構えです。

TSUKIJI Rodolfo Kitchen(築地ロドルフォキッチン)
住所:東京都中央区築地3-10-10
電話:080-1064-2798
営業時間:平日 16:00~21:00 土日祝 15:00~21:00 オーダーストップ 20:00 火曜定休 ※10月24日までの情報です。以後は変更があり得ます。
※感染症対策の都合上、営業時間が本来の時間帯から変更になっています。状況に応じてさらに変わる場合があり得ます。事前に店舗へ電話で問い合わせてください
https://www.rodolfo-kitchen.com/

◆Desigual Tokyo Ginza Chuo dori(デシグアル 東京 銀座中央通り店)


ようやく街でショッピングを楽しめるようになってきたこともあって、今、まといたいのは、元気さやポジティブ感を印象づけるようなおしゃれ。鮮やかな色使いで有名な、バルセロナ発の「Desigual(デシグアル)」には、そんな気分を後押ししてくれるアイテムがそろっています。ダイナミックなモチーフ(柄)も装いに華やぎをもたらしてくれます。

2020年にオープンした「デシグアル 東京 銀座中央通り店」はブランド初のショールーミング型の旗艦店。「ショールーミング」とは、店内で商品の実物を見て、購入はオンラインで済ませるタイプの進化形ショップです。店舗に無い在庫もすぐにオーダーできるシステム「ask me」も導入しています。


スペインのムードを帯びた、カラフルな装いはオンリーワンの存在感。ブランド名の「Desigual」はスペイン語で「同じではない」という意味です。躍るようなカラーパレットがハッピー気分を呼び込んでくれそう。楽観的でドラマティックな色・柄使いのおかげで、着るだけでワクワク感が高まります。

「Love the World」のメッセージを掲げ、サステナビリティーを含むソーシャルグッドな取り組みを推し進めているのも、共感を誘う姿勢です。以前からファッションショーではモデル全員が笑顔でランウェイを歩く演出で知られています。



メインのコレクションのほかにも、フランス人デザイナー、ムッシュ・クリスチャン・ラクロワ氏とコラボレーションしたカプセルコレクションや、ミッキーマウスをあしらったコレクションが人気を集めています。銀座中央通り店ではいろいろなアイテムを試着しやすいシステムが導入されているので、新時代のお買い物スタイルも体験できます。

新しいショッピングスタイルの「Desigual @ HOME(デシグアルアットホーム)」をスタート。自宅で試着して、気に入った商品をその場で購入できる仕組みです(対象はデシグアル ストアのみ)。

デシグアル 東京 銀座中央通り店
住所:中央区銀座 7-8-4 モトキ7ビル
電話:03-6264-5431
営業時間:11:00~20:00 不定休
※感染症対策の都合上、営業時間が本来の時間帯から変更になっています。状況に応じてさらに変わる場合があり得ます。事前に店舗へ電話で問い合わせてください
https://www.desigual.com/ja_JP/

住所表示で見ると、銀座と築地は別の場所に思えてしまいそうですが、実はひとつながりの位置にあります。「デシグアル」のファッションからパワーをもらって、その勢いで築地までお散歩がてら1駅ウォーク。程よくお腹を空かせて、築地の隠れ家バルでしっとりくつろぐ。そんな時間が戻ってきたよろこびを実感できそうな半日トリップはいかがでしょう。


プロフィール/宮田理江
ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター。
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションなどを幅広く発信。自らのTV通版ブランドもプロデュース。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)ほか。野菜好きが高じて、野菜ソムリエ(日本野菜ソムリエ協会)資格を取得。

https://riemiyata.com/

関連リンク

  • 10/18 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます