「子どもと同じ土俵に立って怒るな」夫からのアドバイスに私は…【ヲタママだっていーじゃない! 第122話】

こんにちは、エェコです。

今回は夫にもらったアドバイスのお話です。

■口の達者になってきた息子を怒る私を見て夫が…

息子小6。最近口が達者になってきて…。

怒っているところへ火に油を注ぐような発言をしてきます。

そうなると余裕がなくなり、さらに怒ってしまう私。

反抗期…ってわけではないと思うのですが、人のあげ足をとるのがうまくなった息子。

怒っているところへ火に油を注ぐように言ってくるので、それにまた怒ってしまう私…。

そのやりとりを見ていた夫が…

この間もこんな感じで怒っていたら夫が…。

「子どもと同じ土俵に立ってたら疲れちゃうだろ?」と…。

こんなアドバイスをしてくれました。


■夫の助言からわかった大事なこと
そうだね、パパのいう通りだね。でもね…。

そんなこととっくにやってるし! やってるうえでやってられないほど怒りゲージが溜まってるの!

毎日の積み重ねで心に余裕がない時ってあるよね…。

怒ってるのは大抵そんな時なんですよ…夫よ…。

仕事が忙しくて家にいないから日中、家族がどういうふうに過ごしてるかわからないもんね…。

私も仕事が忙しそうだから、家族の小さなことでわずらわせたくないと思って、小さいことは報告しないのも悪いよね。

慈愛と怒り、二面性の気持ちが同時に存在する…それが家庭を任されているちょっと追い詰められてたパートナーなんです。

なので

そんなわけで…。便乗して夫に提案!

どさくさに紛れてお願いしてみた。

これなら私がどうして怒っちゃうのかわかるし、子ども達がどんな感じで普段宿題してるかわかる。

私にとっても、夫にとっても、一石二鳥だよね!

子どもに関することはどんな小さなことでも報連相が重要だって改めて感じた出来事でした。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 11:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます