返事するのが面倒になる男性からのLINE9パターン

LINEは男女の距離を縮めるうえでの必須ツールですが、無理に親近感を生み出そうとして前のめりになると、女性は返事が面倒になってしまうようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「返事するのが面倒になる男性からの返事するのが面倒になる男性からのLINE」をご紹介します。

【1】デートの約束を取り付ける気が満々な「今度いつ空いてる?」
「やんわり断るのが面倒」(20代女性)など、お互いに好意がある段階なら嬉しいデートへの前振りも、勇み足では逆効果になりがちです。二人で会ってもいいと思わせるには、まずは交流を増やし、「単なる友達」以上の存在になることが先決でしょう。

【2】無理やり会話をはじめる違和感がある「今日は何してた?」
「なんで報告しなきゃいけないの?」(10代女性)など、女性から無理やり話題を引き出すようなLINEは、あまり印象がよくないようです。自分が面白かった出来事を報告するなど、先に話題を振るLINEのほうが女性も返事がしやすいはずです。

【3】巧妙に誘いを断らせないように誘導する「暇な日を教えてよ」
「断るのが難しい誘いかたをされると、返事をしたくなくなる」(20代女性)など、逃げ道がないようなデートの誘いは、女性を不快にさせるようです。まずはデートの了承を得てから予定を合わせるという順序を守りましょう。

【4】なぜか監視されているような気分になる「今、何してる?」
「彼氏でもないのに束縛されている感じがイヤ」(10代女性)など、さほど親しい関係でもないのに行動を探るようなLINEは、女性から敬遠されるようです。相手の都合を知りたいなら、「今LINEできる?」など用件をハッキリさせたほうが好印象でしょう。

【5】友達として付き合う気はなさそうな「好きな男のタイプは?」
「恋愛の話題を振るにしても、ほかに聞きかた無いの?」(20代女性)など、女性の好みを直球で聞き出そうとするデリカシーのなさに、女性の気持ちは一気に冷めるようです。せめて「どんな恋愛が理想?」など、やんわりとした聞きかたを工夫したいものです。

【6】返事を強制してくる印象が重たい「返信待ってるから」
「義務なの? と思うとおっくうになる」(20代女性)など、LINEの返事が欲しいあまりに強制するような文章を書くと、女性は重たく感じるようです。返信に固執するより、お互いが楽しくコミュニケーションできるような話題を振るほうが肝心でしょう。

【7】まったく男らしくない「もっと俺のこと構ってよー」
「すごくうっとうしいです」(10代女性)など、馴れ馴れしい「構ってほしいアピール」は、女性を残念な気分にさせるようです。お互いの顔が見えないLINEでは、女々しい態度は現実以上に頼りない印象を与えることを忘れたくないものです。

【8】相手の返信を待ちきれない「俺からのLINE見た?」
「一方的に何通も送ってこられると引く」(20代女性)など、LINEのやり取りは1通ずつ交互に送り合うのが基本。返信を待てずに催促するようなLINEを送ると、女性は引いてしまうようです。余裕をもって相手のリズムに合わせるのが正解でしょう。

【9】一方的な『彼女が欲しい感』が伝わる「好きになってもいいかな」
「勝手にテンション上げてるなあ…と思うだけ」(20代女性)など、LINEのやり取りだけで一方的に好きになられても、女性は嬉しくないもの。先走ることなく、LINEと現実の両方でコミュニケーションを深めたいものです。

ほかにも、「女性が『返事が面倒だなぁ…』と感じる男性からのLINE」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/18 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます