綾野剛主演、謎だらけのドラマ『アバランチ』今夜初回スタートで全容が明らかに

拡大画像を見る

綾野剛が主演を務める新月10ドラマ『アバランチ』(毎週月曜午後10時)が18日からスタートする。本作は、綾野主演の映画『ヤクザと家族 The Family』、映画『新聞記者』などを手掛けた藤井道人がチーフ監督として参加し、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)の活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。主演の綾野のほか、アバランチメンバーとして警視庁特別犯罪対策企画室・室長の山守美智代役の木村佳乃、山守の部下の警察官・西城英輔役の福士蒼汰、天才ハッカー・牧原大志役の千葉雄大、元自衛官・明石リナ役の高橋メアリージュン、元所轄刑事・打本鉄治役の田中要次が出演する。

これまで情報解禁以降、登場人物の顔を見せないビジュアルや、具体的な説明を省いた象徴的な予告映像を展開してきた本作。先日行われた取材会でも、綾野が「謎だらけにしないといけない理由が台本にはちゃんとある」と語っていたたように、「謎だらけのドラマ」という印象を強く与えると共に、徐々に明らかになっていく作品情報が視聴者の期待感を高めていった。



ついに迎える第1話は、謎の集団・アバランチの全容や、取材会で綾野が「まだ発表されていないゲストも出てきます」と明かしていた未発表ゲスト、放送で音源初解禁となるUVERworldの主題歌と、放送で明らかになる情報がめじろ押し。 さらに、ドラマ公式YouTubeでは放送中、リアルタイムで第1話のクライマックスをより楽しめるスペシャルコンテンツを生配信予定。


まさに、謎だらけのイメージから一転して、“雪崩”のように新たな情報が押し寄せる第1話。取材会の最後に、「僕たちが撮影現場で一番大切にしてることは“熱狂の力”です。この現場にはとてつもない熱狂があります。その熱狂が皆さんに伝わるように試行錯誤しながら総合芸術を届けていきたいなと思っています」と抱負を語っていた綾野。作り手の熱狂が乗り移った本作が、そして作品の中でアバランチが、日本中を熱狂させていく。 ドラマ『アバランチ』は18日(月)午後10時から初回15分拡大で放送する。ぜひ、ご期待いただきたい。



<第1話あらすじ>

「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」。そんなニュースが報じられる中、警視庁捜査一課から左遷された西城英輔(福士蒼汰)は、誰も寄り付かない地下室に設けられた新たな配属先を訪れる。「特別犯罪対策企画室」と記された扉の先にいたのは、室長・山守美智代(木村佳乃)ただ一人。ここで自分は何の仕事をするのか? 状況が飲み込めない西城は山守に命じられるまま、とある雑居ビルまで山守を車で送り届ける。

山守から車での待機を命じられたものの、興味本位でビルのエントランスまで出てきた西城は、郵便ボックスに記された見慣れないマークを見つけた矢先、羽生誠一(綾野剛)から声をかけられる。初対面のはずなのに西城の素性や経歴を知り尽くした羽生は、薄気味悪さを感じる西城を尻目にビルの階段を上っていった。

その後、ビルの一室に集結した山守、羽生、牧原大志(千葉雄大)、明石リナ(高橋メアリージュン)、打本鉄治(田中要次)の5人。「みんなそろったわね。では始めましょうか」。モニターに映し出されたのは、例の失踪事件のニュース。山守の一声で始動したアバランチが起こす行動とは——?


『アバランチ』

2021年10月18日(月)スタート 毎週月曜夜10時~10時54分 ※初回15分拡大

カンテレ・フジテレビ系全国ネット

【出演】

綾野剛 福士蒼汰 千葉雄大 高橋メアリージュン 田中要次 利重剛 堀田茜 ・ 渡部篤郎(特別出演) 木村佳乃

【監督】

藤井道人、三宅喜重(カンテレ)、山口健人

©カンテレ


関連リンク

  • 10/18 8:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます