実力だけで冠番組!ダウンタウン浜田雅功も黙らせた「異次元最強二世タレント」ハマ・オカモトの凄すぎる実力  

拡大画像を見る

 いまや数が多すぎて、乱立状態になりつつある芸能人を親に持つ「二世タレント」。彼らがバラエティ番組で親について暴露するのが、ちょっとしたブームとなっており、10月12日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも、それが顕著に見て取れた。

「田原俊彦(60)を父に持つタレントの田原可南子(27)、とんねるずの石橋貴明(59)の長女で、今年7月31日に一般男性と結婚したばかりの石橋穂乃香(32)、声優・田中真弓(66)の息子で大道芸人のこ~すけ、人間国宝の父・十五代目 片岡仁左衛門(77)を持つ片岡京子(50)といった多くの“二世”が出演し、“うちの親がちょっと変だなと感じるとき”というテーマについてトークしました」(テレビ誌記者)

 親にまつわるトークを多く求められたり、映画やドラマに出演する際も「○○の娘(息子)の初主演作!」とPRされることは「二世タレント」の宿命だが、なかにはそういったしがらみから抜け、大活躍しているタレントもいる。

「その最たる例が、バンドOKAMOTO‘Sのハマ・オカモト(30)です。彼は、あのダウンタウンの浜田雅功(58)と女優の小川菜摘(58)の長男ですが、メジャーデビューし、自身のラジオを持ったりと成功を収めた2013年ごろまで、一度も親のコネを使わず、自分が“二世”であることも隠していた。13年に小川が旧ブログ(現在は閉鎖済み)で、その詳細を語っていました」(レコード会社関係者)

■浜田が逆に説教されてしまったことも

 ブログによると、

《今まで何故言わなかったのか、、、それは彼自身も言っておりますが、、
『ジャンルの違う仕事でもあったし、自分自身のキャリアをしっかりつけてからの、自然な流れで言いたかった、、』と言う事。》

《私も親ビン(浜田)も、今まで彼の活動の事を自ら話した事がありません》
《インディ—ズでスカウトされた時も、家の息子だと言う事を事務所は知りませんでした、、、

 デビューしてからも私達が何かをお膳立てした事は1度もありません、、。

 それは、もちろん息子も望んでないし、私達もそれをすることが全く息子の為にはならないカッコ悪い事だと思っているからです。

 だから、今までも、これからも、彼は自分の力で道を切り開くでしょう、、、》

 と、つづられていた。 

 2020年3月6日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で浜田が明かしたところによると、自分に音楽や芸能業界について相談もせず、高校生になってもベースを弾き続ける息子の将来が心配になった浜田が食事中に「お前さ、音楽で飯食おうと思ってんの?」と聞いたところ、

「そんなに甘くねえよ!」

 と箸を机にバーンと置き浜田に言い切ったという。「ああ……分かってんねんやったらええわ……」と、浜田は息子の気迫に圧倒されたそうだ。

「“そんなに甘くねえよ!”は、ふつう親が子どもにかける言葉ですが、逆にハマ・オカモトが啖呵を切るあたり、本当に覚悟が違います。そうした彼だけに、メジャーデビュー後も順調にステップアップし、今年10月7日深夜からは、ついに乃木坂46のスーパーエース・齋藤飛鳥(23)と一緒に『ハマスカ放送部』(テレビ朝日系)で、地上波初のMCタッグを組むまでになりました」(女性誌記者)

■「浜田に会うより緊張する」と言われたことも

 ハマ・オカモトについては、音楽業界からの評価も高い。レコーディング参加やバックバンドとしてのテレビ出演数は数えきれないほどで、月刊音楽雑誌『Player2019年2月号』(プレイヤー・コーポレーション)の『2018PLAYER READER‘SPOLL』でベスト・ベーシスト部門2位に選ばれた。

「ただの2位ではありません。1位はあのビートルズのポール・マッカートニー(79)ですからね。ポールと首位争いをしている時点でどれだけのレベルか分かります。日本のアーティストでは特に星野源(40)と親交が深く、19年末の『NHK紅白歌合戦』では『ドラえもん』と『Same Thing』のバックバンドメンバーとして出演したり、星野の番組にもしばしば呼ばれています」(音楽専門誌記者)

 また、お笑い芸人という枠を超え、いまやアーティストとして世界的に評価されている野性爆弾のくっきー!(45)は、自身もバンドで活動するなど音楽についても才能を発揮しているが、昨年9月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、ハマ・オカモトについて「浜田さんに会うよりハマ・オカモトに会う方が緊張しますもん」と発言したこともある。

「小籔千豊(48)が“リスペクトのサイズが全然違う。浜田さんはここやけど息子さんはここやから”と、ジェスチャーで“天と地”を表現していましたが、くっきー!の発言にも小籔の発言にも、浜田は本当にうれしそうにしていました。自分の息子が自分以上にリスペクトの対象になっていると言われているわけですから、当然ですよね(笑)」(前同)

■「お互いどっちかが死ぬまで、もうお互いの話はしないって決めてんです」

 こうした数々のエピソードからもわかるように、ハマ・オカモトに「あのダウンタウン浜田の息子」という要素は全く必要ない。これについてはOKAMOTO‘Sのギター担当・オカモトコウキも思うところがあらしく、昨年4月15日にツイッターで、

《何年もバンドやったらこういう報道の時、ハマくんについた枕詞は出されなくなるかね。30年? 40年? じゃあやりますか》

 と、当時「浜田と小川の息子であるハマ・オカモトがPCR検査を受けた」という見出しの報道に、苦言を呈したこともある。

「19年10月4日放送の『ハマ・オカモトのオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で“両者の間で、約束っていうか……言うけど、お互いどっちかが死ぬまで、もうお互いの話はしないって決めてんです”とまでハマ・オカモトは言い切っていました。

 浜田もそれを汲んでいて、誰かに振られない限りは決して息子の件をネタにはしない。それでも何の問題もなく活躍しているあたり、やはりハマ・オカモトには抜きんでた才能があるんだな、と思いますね」(前出の女性誌記者)

 これからも浜田はお笑い界、ハマ・オカモトには音楽界を、それぞれ席巻してほしいーー。

関連リンク

  • 10/18 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます