日本にある材料で現地の味が再現できる!『旅するエストニア料理レシピ』発売


料理教室「エストニア料理屋さん」でおなじみの、日本で唯一のエストニア料理家・佐々木敬子氏によるレシピ本『旅するエストニア料理レシピ~The Estonian Home Cooking Recipes〜』が、10月20日(水)より発売される。

日本初のエストニア料理レシピ本

佐々木氏は「エストニア料理屋さん」、バルト三国情報サイト「バルトの森」の主宰。いままでに多くのワークショップやイベントでエストニア料理を提供している。


今回発売される『旅するエストニア料理レシピ~The Estonian Home Cooking Recipes〜』2,200円(税別)は、そんなワークショップで提供してきたレシピに加え、著者自身がエストニアの各地を料理をめぐって旅をし、各家庭で学んだ現地レシピを忠実に再現した一冊。前菜からスイーツ、そしてエストニアの主食でもあるライ麦100%のパンの作り方まで一挙に公開する。

日本国内で調達できる材料で作れる


同書の特徴のひとつは、日本国内で調達できる材料に厳選し、家庭で作れるようにレシピを調整し、再現している点だ。日本の家庭で再現することを前提として、レシピ本文だけではなく多くの調整のためのヒントがTIPSとして掲載されている。


“まるで庭や森の中でピクニックをしているかのようにリラックスして料理を楽しんでいただきたい”という思いが込められた、料理と自然が一体になった色彩鮮やかな美しいビジュアルにも注目。

食の特産品の地図つき!書き下ろしコラムも

著者自身によるエストニア料理旅の紀行コラムも掲載。これらのコラムには、各レシピを学ぶ際に出会ったエストニアの人々の物語がひとつひとつ著されている。


巻頭には、エストニア各地の色の特産品を楽しいイラストとともに記した地図が収められており、料理ができあがるまで、旅する気分でコラムを楽しむこともできる。

同書の購入は『旅するエストニア料理レシピ』特設サイト、Amazon、ほか全国の取扱店(※1)にて。​B5判・116ページで定価は2,200円(税別)だ。

『旅するエストニア料理レシピ~The Estonian Home Cooking Recipes〜』を読んで、現地の味を再現してみては。

※1 Attachement(東京) ・Kielotie(東京)・ひるねこBOOKS(東京)・ときたまひみつきちCOMORIVER(埼玉)・Cache-Cache(愛知)・Baltic Rose(広島)・中庭理容店(岡山)

画像をもっと見る

  • 10/16 1:00
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます