別れてよかった! 私が離婚を決意したワケ4つ

結婚してこれでめでたし、めでたし……ハッピーエンドとなるのはおとぎ話のなかだけ。実際にはお互いのさまざまな部分が見えてきて、幻滅したり、ついには離婚に至ってしまうカップルもいるのです。せっかく一生の愛を誓ったはずなのに、どうして離婚を決意したのか、離婚経験者たちのリアルな声をリサーチしてみました!

結婚したとたん、モラハラ夫に豹変

「5年間付き合った彼と結婚。でもその直後から彼がモラハラ夫に豹変してびっくりしました。家事は全部押しつけてくるし、私が友達と会ったりすると不機嫌になって、もう束縛感がすごすぎてやっていられないと思い、半年で別れました」(20代/医療)

▽ 交際期間も長く、よく理解し合えていると思ったら、夫が結婚後に豹変するという話は珍しくないようです。それが本性なのかもしれませんが、もともと支配欲の強い人なのでしょう。

子どもについて意見が合わなかった

「彼とは交際半年でスピード婚。お互い20代だったので若いし、当然子どももいつかほしいと思っていましたが、彼はそうではなかったのです。結局彼の気持ちは変わらず、離婚。でも私は現在再婚して、子どもにも恵まれたのでラッキーです」(30代/秘書)

▽ “子どもがほしい”というのは結婚に踏み切る大きな理由に。もしそこがどうしても一致しないなら、早めに離婚して新しいご縁を模索したほうが良さそうです。

夫の浮気が発覚した

「ありがちかもしれませんが、夫の浮気が原因で離婚しました。彼はすごく謝っていて、何とかやり直そうとしましたが、一度裏切られたという思いは消えないんですね。そんな相手と一生連れ添わなきゃいけないのかと思うと、やっていられないと思ったんです」(30代/会社員)

▽ 1回くらいなら許される、そんな軽い気持ちで浮気しているとしたら、それは大きな勘違い。心にしこりを抱えたまま、結婚生活を続けるなんてできません!

私の働き方に夫が不満をためていたから

「周りからも仲良し夫婦だと言われていたのですが、フリーランスの私の収入が会社員の夫より多くなったことで、夫婦間のバランス関係が崩れたような気がします。それ以来、彼の態度が卑屈になって、嫌味を言われたりするようになったので、きっぱり別れました」(40代/フリーランス)

▽ 夫婦としてうまく稼げているなら問題ないはずなのに、つまらない男のメンツにこだわる人もまだまだいるのでしょう。きっぱり別れて正解ですね!

まとめ

いまや「3組に1組の夫婦が離婚する」なんて言われているように、離婚は珍しいものでも、恥ずかしいものでもなくなってきました。人間誰しも間違えてしまうときだってありますが、それ以上に大事なのはそこからうまく軌道修正していくことでしょう。離婚経験からいろいろ学び、そして次の幸せにつなげる、それができれば良いのです!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/17 14:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます